« ハイブリッドな事前番組(その3) | トップページ | クイズをやったニコ生 »

2015年7月 1日 (水)

ハイブリッドな事前番組(その4)

 昨年こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 本日、関西テレビで「クイズ丸投げ丸もうけ!芸能人にまかせなさい」という番組をやっていました。宇治原から鈴木奈々まで5人の芸能人が「夢叶えるンジャー」になって、クイズに答えます。一般人のチームが、クイズに答える5人をうまく利用して、最終的に希望の賞品の獲得を目指します(一部、一般人も答えるところがある)。ルールがよくできていて、ローカルでやるのがもったいない。一般視聴者が参加するクイズ番組はこういうやり方があるのかという可能性を感じました。

――――(ここまで)――――

 昨日、全国ネットでやっていましたね。関西ローカルのときからかなりルールが変わっていて、タレントの数が増えていました。良くなったところと悪くなったところが両方あるので、何ともいえません。スタッフロールを見ると両方に高校生クイズ関係者がいますが、人は代わっていました。

 それでは事前番組です。CMが明けて、全員正解です。そして「クイズだからと変に構えなくて、気軽に参加してくれ」と言います。3年前までのような問題ではないということをここまでアピールしているのです。そしてゴールデンボンバーの選んだ問題も出るそうです。

 次は「高校生×人気芸人 オモシロ動画!!」。Qストリームで厚切りジェイソンが埼玉の川口高校に行きます。「川、口、簡単な漢字でわかりやすいねー」。書道部でパフォーマンス書道をしています。部員に「2年もやってるんですか。僕は芸歴8カ月だよ」。
 書道部の書く漢字に厚切りジェイソンがツッコミを入れる動画を撮影します。2時間練習して、「いよいよこのあと大公開」でCMになります。ここで、長野県に来たかいがあった情報が。

|

« ハイブリッドな事前番組(その3) | トップページ | クイズをやったニコ生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61821592

この記事へのトラックバック一覧です: ハイブリッドな事前番組(その4):

« ハイブリッドな事前番組(その3) | トップページ | クイズをやったニコ生 »