« ハイブリッドな事前番組(その5) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その2) »

2015年7月 4日 (土)

35回北陸新潟大会(その1)

 昔こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 ビーバップ!ハイヒールの本編について書きます。今週は映画の日本語字幕についてでした。映画「Ted」で、甘やかされて育った子どもを殴る場面があって、「この子のために誰かがジョーン・クロフォードにならなきゃ」というセリフがあります。ジョーン・クロフォードはハリウッド女優で、子どもに対する厳しい教育方針から、アメリカでは恐ろしい母親の代名詞になっているそうですが、日本ではそんなことは知りません。そこで日本語の字幕では、ジョーン・クロフォードというセリフが「星一徹」になったのです。
 さらに、「お前よりテディ・ラクスピンが欲しかった」というセリフ。テディ・ラクスピンはアメリカでは誰もが知っているクマのキャラクターですが、日本では知られていないので、「くまモン」に置き換わっています。
 テッドが走っている車から車に飛び移るシーン。「ジョン! T・J・フッカーより凄いだろう」というセリフがあります。T・J・フッカーは1982年のアメリカのアクション警察官ドラマだそうですが、これが日本ではどうなったかというと、「ガチャピン」なのです。

――――(ここまで)――――

 今週のラジオで、この訳をやったのが町山智浩だったことがわかりましたが、町山はかなり批判を受けたそうです。Ted2ではこういうのはやらないらしい。

 さて、今年の本番の予選は、18回以来の北陸からのスタートです。よく沖縄大会をなくすという決断をしたものです。また、最初の予選が土曜日というのはおそらく史上初です。最初の予選の翌日に次の予選があるというのは過去にありません。
 それにしても新潟はもともと北陸大会なのに、なぜ「新潟北陸大会」という呼称にする必要があったのか。そして今回、北陸新幹線ができたことで、新幹線以外の鉄道が極めて不便になったので、福井県のチームが会場まで来ることができなくなって、突然福井が中部大会に変更されました。そもそも会場を上越市とか糸魚川市、あるいは富山県にすればいいだけのことで、20回以降、番組側が新潟市で予選をやることに執拗にこだわっている意味がわかりません。国立競技場のアーチのようです。ということで、今年もテレビ新潟の敷地です。この後、やはりいる。

|

« ハイブリッドな事前番組(その5) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61833570

この記事へのトラックバック一覧です: 35回北陸新潟大会(その1):

« ハイブリッドな事前番組(その5) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その2) »