« 35回北陸新潟大会(その1) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その3) »

2015年7月 5日 (日)

35回北陸新潟大会(その2)

 QUIZJAPANに、「なるほど!ザ・ワールド」の形状記憶合金について出ていましたが、私が形状記憶合金というものを知ったのはまさにこの番組です。確か第2回だったと思います。愛川欽也が「車をぶつけたらお湯をかけたらいい」と言っていたのを覚えています。

 それでは北陸です。信濃川を渡るとセットが見えます。昨年の単県大会のセットをそのまま流用しているだけです。地区大会がすべて複数県に戻っても、この大きさのセットで済むのか。透明な素材を使っているので、セットの裏が見えます。
 機材を運ぶトラックで、全国放送が9月11日であることがわかります。トラックには毎年恒例の、総合司会と応援アーティストが描かれていますが、どちらも関東以外まったく出てこないのですが。見たことのあるスタッフがあまりいません。翌日の仙台と別働隊なのでしょうか。そして当然、元スタッフでテレビ新潟に入社した人が仕切っています。

 開始直前になると高校生が舞台前に集まります。意外に多い。60~70チームぐらいいそうです。これなら各県の決勝が成立しそうです。
 前説で、電子機器の電源を切れという注意に、パソコンとデジタルカメラが新たに加わりました。熱中症を防ぐために飲み物を買えというので、大塚食品のブースがあるのに気づきました。Z会のブースも並んでいます。この後、予想外の変革。

|

« 35回北陸新潟大会(その1) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61838487

この記事へのトラックバック一覧です: 35回北陸新潟大会(その2):

« 35回北陸新潟大会(その1) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その3) »