« 35回北陸新潟大会(その13) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その15) »

2015年7月17日 (金)

35回北陸新潟大会(その14)

 6回高クイの全国大会は国立競技場で行われましたが、スタンドだけでグラウンドは使えませんでした。あれの使用料がどのくらいだったのか今さら気になります。将来、国立競技場であんなことをやろうとしたら、採算をとるための莫大な金額を取られるのでしょうか。

 それでは北陸です。石川の決勝の1問目、北陸新幹線の問題で金沢泉丘の3年が正解。2問目はスポーツの時事問題で難しい。金大附属の混成が取ります。それにしても1問ごとのテンポが悪い。昨年の鳥取島根大会でも2年目の人がいちいち「それでは第2問にいかせていただきます」などと言うと書きましたが、今年も2年目の人が同じ状態に陥っています。

 3問目、日本三名園の問題で金沢泉丘の3年が正解して王手になります。4問目、簡単な漢字の問題で金大附属の普段会わないチームが正解します。5問目、室町時代の簡単な問題で金沢泉丘のクイズ研が正解です。6問目はファッションです。女子向け問題が交じるのもいつものことです。5問目に答えたチームが押して不正解。
 7問目、「バチカン市国の周り」で金沢泉丘の3年が「イタリア」と答えて不正解。「取り囲むイタリアの首都は」でした。簡単な問題が続く中にこういうひねりも入ります。この後、典型的。

|

« 35回北陸新潟大会(その13) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61898753

この記事へのトラックバック一覧です: 35回北陸新潟大会(その14):

« 35回北陸新潟大会(その13) | トップページ | 35回北陸新潟大会(その15) »