« ハイブリッドな事前番組(その4) | トップページ | ハイブリッドな事前番組(その5) »

2015年7月 2日 (木)

クイズをやったニコ生

 読売テレビで2日の深夜に事前番組第1弾が放送されます。しかし高校生クイズの公式サイトには例によって一切出ていません。

 さて、本日は高校生クイズのニコ生がありました。17時からという異例の早さでタイムシフトにも対応していないので、どれだけの高校生が見たのかわかりません。これで新たにわかったことを書きます。
 高校生クイズでは近年、個別の学校への出張大会もやっていて、今年はさらに充実しています。これをやって地区大会の出張大会もやっているのですから、それなら各県で普通に予選をできそうに思いますが。学校での出張大会は、個人単位の参加であることがわかりました。○×クイズで勝った8人が決勝の早押しをやります。そして優勝者が組んだチームは、本番の地区大会で1回戦シードだけでなく交通費も出ることが判明しました。

 ニコ生では○×クイズや早押しクイズがかなり放送されました。宇都宮短大附属の予選では、1問目で○が1000人、×が600人と言っています。今、どこの本番の予選でも高校生はそんなに参加してくれないぞ。長崎の海星でも1000人が参加しています。さらに淑徳与野、作新学院、日大三島と続きます。司会はすべて放送エリアの局のアナウンサーです。○×はスポーツや生活関連の問題ばかりで、出題傾向がよくわかります。
 17時半ごろから連続でプレミアム会員による追い出しがかかりますが、しばらくしたら落ち着きました。さらに○×傑作選というコーナーがあって、小松大谷、栄東、一関修紅、日大明誠、東京成徳大学高校の予選が放送されます。栄東は昨年の高校生クイズ全国大会出場の垂れ幕が出ています。高クイは学校にとってそのくらいの扱われ方をする大会になったのか。

 あと、高校生ギャップグランプリとして、出張大会で撮った変顔写真(番組フェイスブックに載っているらしい)を紹介します。さらにゲストとして、昨年全国大会に出た藤島の人が出てきます。エコノミクス甲子園のニコ生みたい。まさに外見で選ばれた感じです。
 さらに鳥取敬愛、群馬の樹徳、沖縄尚学、佐久長聖の出張大会があります。沖縄尚学だけ司会が吉本芸人です。出張大会の参加者の合計が6015人と発表されます。これはテレビ局でやった出張大会は含まれるのかわかりませんでした。

|

« ハイブリッドな事前番組(その4) | トップページ | ハイブリッドな事前番組(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61824250

この記事へのトラックバック一覧です: クイズをやったニコ生:

« ハイブリッドな事前番組(その4) | トップページ | ハイブリッドな事前番組(その5) »