« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

35回東北大会(その11)

 「ピンポン☆ブー」の2巻が来週出ますが、1巻の表紙がウルトラクイズだったのに対して、2巻の表紙は高校生クイズになっています。ちゃんと青のYESと赤のNOのサークルがあるのです。○×でないところが、本当にクイズ好きであることを表しています。

 それでは東北大会です。宮城の8問目は仙台第三が白と答えて正解。9問目、どこが正解したかわかりませんでした。この距離だとどこの解答権表示が立ったかもよく見えないので、学校名を呼ぶところが聞こえないとわからなくなります。近くても人がびっしり並んでいる前なので解答権表示は見にくい。
 10問目、「足すと」と聞こえて仙台第二が不正解です。どうやら「1から10まで足すと」で押して55と答えたようです。「では1から100まで足すと」です。11問目は仙台第三が正解。12問目はまたどこが正解したかわかりません。
 13問目、どうやら語源の問題のようで、仙台第二が正解して決定しました。17時半ごろ終了です。2県同時でないと18時ごろになっていたということです。この地区は問題の読み直しをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

35回東北大会(その10)

 参院選の鳥取と島根の合区で、現地の選挙管理委員会が、立候補の届け出場所を慎重に話し合わなければならないという新聞記事が出ていましたが、それは米子ではないでしょうか。とらドラパークのあたりということで。

 それでは東北大会です。先に山形が始まります。福島の1問目、聞こえません。さっきより音声が聞こえなくなっています。2問目は片足がなんとかと言っています。3問目は宮本武蔵がなんとか。4問目は不正解。5問目は福島が正解します。ここで山形代表が日大山形に決まりました。
 次は王手のチームが不正解。奥で岩手が始まります。7問目、「略さずにいうと」で尚志が正解。8問目は尚志が不正解。9問目、世界で初めての日本人とかいうのでスルー。10問目、ロシアと答えて福島が決定します。

 舞台の前は宮城です。1問目は仙台第二が正解。2問目も取って、もう王手です。3問目は音楽用語で仙台青陵です。岩手代表は盛岡第一になりました。
 4問目、仙台青陵が間違えます。5問目は仙台第二が不正解。6問目もどこか間違えます。7問目、アメリカの五大湖で最も小さい湖でスルー。久しぶりに問題が聞こえました。奥が終わったから音量を上げたか。この後、この後、今度はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

35回東北大会(その9)

 「超☆汐留パラダイス!」の高校生クイズブースですが、今年は初めて会場中央になっています。動画モニターには昨年までは沖縄大会の模様が流れていましたが、今年は関東&スマホ大会の募集とライオンのCMだけです。解答席が4つになっています。○×が2問、早押しが1問出て、1問以上正解したチームにはソフランのボトルがもらえます。早押しで正解したチームには高校生クイズタオルです。また参加賞としてソフランのサンプリング用の小袋もあります。後ろに書かれている代表校一覧が、ナゾトキの代わりに「出張枠」となっているのは、当初は出張大会から直接代表を選ぶつもりだったのでしょうか。

 それでは東北大会です。決勝の準備中に安藤アナは敗者の方に行って話しています。まずは青森と秋田の決勝です。舞台の前が青森で司会が安藤アナ、向こうが秋田で司会は松原アナです。残っているチームは弘前が2つと五所川原と、よく見えません。ちなみに我々の仲間には双眼鏡を持ってきている人たちもいて、学校名は秋田のほうも含めすべて読めたそうです。チーム紹介をしているのですが、コボスタがうるさくて聞こえません。
 青森の1問目が大原櫻子であることは聞き取れました。五所川原が正解です。2問目は青森が正解、3問目は太宰治で弘前が正解です。4問目は青森が正解。問題はかなり簡単になっています。5問目、悪魔のなんとかと呼ばれると言っていて、青森が正解していました。
 一方の秋田はまったく聞こえませんが、なかなか終わりません。秋田高専が勝った模様です。次は、舞台前が福島、奥が山形です。山形が4チームしか来ていなかったのを見られたくないのか。この後、相変わらずの状況。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

35回東北大会(その8)

 前回の週刊ニュース深読みですが、前半では、アメリカの旅行雑誌の世界の魅力的な都市ランキングで京都が1位になったニュースをやっていました。これに関して、2位のチャールストンという都市を誰も知らないという話になります。街頭インタビューで答えられないばかりか、日本旅行の広報部長も知りません。それこそウルトラクイズの徳永アナの出番ではないかと思ったのですが、調べたらウルトラクイズではチャールストンに行ってないんですね。テレビマンユニオンがウルトラクイズの前に作った「夢と冒険!アメリカ大横断」ではチャールストンに行っています。

 それでは東北大会です。実は最初からずっと気になっていることがあります。我々のいるスタンドの反対側の壁のところに、早押しテーブルが置いてあるのです。決勝の早押しは舞台の前でやるはずだが。
 すると、準決勝が終わると舞台の前に早押し機が設置され始めました。そして、奥の早押し機のところでもスタッフが作業しているのです。近年の高校生クイズは、少しでも参加しやすくするために、開始時刻をかなり遅らせています。以前は10時スタートだったのが、今年は全予選で13時になりました。それでいて終了時刻が遅くならないように、昨年の関東大会でスタッフが考え出したのが、複数の場所で同時に早押しクイズをやることです。我々にとっては実に迷惑です。これが他の予選にも広まり出したのです。
 しかもこの地区は、グラウンドに降りることができません。どちらの早押しも全然聞こえません。この後、数が分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

35回東北大会(その7)

 先々週の「週刊ニュース深読み」の録画を見ました。アメリカで同性婚が認められるまでの歴史を徳永アナウンサーがプレゼンするのですが、右手にけん玉みたいなものを高く掲げて入ってきます。自由の女神の真似をしているのです。そして「アメリカに行きたいかっていうクイズ番組にあこがれてアナウンサーになりましたので」。

 それでは東北大会です。三択の5問目、童謡に関する問題で、それこそクイズでしか出てこないような知識です。青森と宮城が1チームずつ勝ち抜けます。この時点で0ポイントは4チームです。6問目は語源で、クイズの定番問題です。最前列は2チームだけ不正解。宮城はすでに勝ち抜け枠を突破しました。男女で分けているので同点決勝が面倒なことになっています。0ポイントの正解チームを前進させるのを忘れています。
 7問目、人体に関する問題です。宮城は男女ともちょうど決定しました。さらに青森もちょうど決定。秋田が2チーム勝ち抜けて、福島の男子は同点決勝です。8問目も人体の問題。この地区は本当に3年前までのような問題しか出ません。福島男子は残り1枠で3チームが3つの答えに分かれます。福島の男子が決定して福島の女子と岩手の女子が1チームずつ抜けます。9問目は理科の教科書そのままの問題で、秋田が2チーム決定。福島の女子は同点決勝です。10問目はアメリカの州の問題。これもクイズの定番です。福島の女子と岩手が決定。
 11問目になりますが、ここで三択札を新しいものに取り換えることがわかりました。11問目にもなったらチーム数は数えるほどになっているはずですから、わざわざ穴を開けさせなくてもいいと思うのですが。この後、余計なことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

35回東北大会(その6)

 日テレオンデマンドの「アナウンスルーム」で、「夏だ!高校生クイズだ!桝アナがMCの心得を伝授!」という動画が配信されています。北陸新潟大会をやる山本健太アナに問題の読み方を指導するのですが、山本アナが自分もフレーズを考えてきたと言って、「サクセス」と叫んで、すっかり白けた雰囲気になります。しかしそれ以前に、サクセスが花王の商品名だと気づいているか?

 それでは東北大会です。前進三択ですが、山形ののぼりがありません。何チーム来たのでしょうか。岩手はギリギリ決勝が成立するくらいです。一方で宮城は50チームぐらいいます。
 ルールが発表されます。北陸新潟では各県6チームが決勝進出でしたが、この地区では決勝進出枠が、それぞれの県の男子チームから3、女子&混成チームから3になります。昨年同様のアファーマティブアクションですが、12カ所の勝ち抜け数(実際は山形がいないので10)を管理するのは大変そうです。

 1問目、植物の科を答える問題です。なぜか岩手と福島はほとんど正解がいなくて青森は正解が多い。前から見て右側だけが正解しています。2問目、富嶽三十六景の問題です。かなりクイズ研っぽい問題が続きます。さっきまで寒かったのに一転して暑くなります。
 3問目、世界地理で、これもクイズ研っぽい。正解が出ても勝手に前進するなという指示が飛びます。4問目は人体に関する問題で、これもクイズ研的です。3年前までのようなチームを残そうとしているかのようです。全問正解は6チームぐらいか。この後、新たにわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

35回東北大会(その5)

 ヤフートピックスより。

――――(ここから)――――

日テレ笹崎アナ イベントに笑顔で登場!オープンスペースは初
スポニチアネックス 7月24日(金)10時4分配信
 日本テレビの新人、笹崎里菜アナウンサー(23)が24日、東京・汐留の同局で行われた「超☆汐留パラダイス!―2015 SUMMER―」キックオフイベントに出席した。オープンスペースに登場するのは初。笑顔でステージに現れた。

――――(ここまで)――――

 今後、高校生クイズ関東大会で抽選会をやったといったことがいちいちネットニュースになるのでしょうか。

 それでは東北大会です。ブラウザを閉じてしまうとデータが消えて、さらに再接続も必要になります。この地区のボーダーは26点です。50チーム以上が敗者になっています。勝者にシールを配り終わるまで、安藤アナが敗者にトークでつないでいます。

 松原アナに交代します。宮城の常盤木学園に高校生クイズのロケに行ったそうですが、見たという参加者がいません。ザブングルのライブの後に松原アナが「カッチカチやぞ」をやると、こちらの方がウケます。
 抽選会はキレイキレイセットが6チーム。ここで隣のコボスタから湘南乃風が聞こえてきます。あちらでもタオルを回しているのです。
 ミヤギテレビグッズはペンやクリアファイルやティッシュやメモ。6チームです。スタッフTシャツは2チーム。イカとタコをかぶった女子チームに当たります。ザブングルからは松尾のメガネ。レンズは入っていません。ゴールデンボンバータオルが3チーム。抽選券で出た一番大きい数は215番です。この後、重要な変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

35回東北大会(その4)

 水曜日の関西テレビ「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」で、京都のアジトオブスクラップというところに行っていました。リアル脱出ゲームの本拠地か。実際にリアル脱出ゲームをやるのですが、最低レベルということで、色のついていない方が文字になっているといった、さんざん見飽きた問題が出ます。それでもかなり苦労していましたので、まだ新規顧客を獲得できる余地はあるということでしょう。一方でマニアとの乖離は相当ありそうで、どこまで維持できるのでしょうか。

 それでは東北大会です。○×の3問目、郵便番号の問題です。これは今までにない発想です。郵便番号簿を見てなにかうまいネタがないか探した結果でしょう。私もラジオ局のコールサインのリストを見てうまいシャレになっているものがないか探したりしたことがあります。最終的に勝ち残ったのは15チームぐらいです。

 続いてザブングルの玉転がしです。コーンがはるか後方にあります。一番後ろの高校生の倍以上後ろです。2往復で1分です。59秒で成功します。ここでまた秋田・山形・岩手を呼びます。これらの県は無条件に全チーム復活ということでしょう。

 2人ともスマートフォンを持っていないのはこの地区も4チームです。スマホクイズについて、新たなことがわかりました。問題に答えるとページが変わっていくのではなく、50問が1つのページで長いスクロール上に並んでいるのです。さらに出題順は端末によってバラバラになっているそうです。5分経つと自動的に終わるのではなく、スクロールの最後にある終了ボタンを自主的に押します。この後、本職を超える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

35回東北大会(その3)

 今週の「痛快!明石家電視台」で、テレビ欄に「さんまウルトラ○×クイズ」と書いてあったので録画しておきました。さんまの還暦を記念した企画で、ゲストと観客がさんまに関する○×クイズをやって、最後まで残った人がさんまと記念写真を撮れるというものです。問題自体は「さんまのファーストキスは高校の教室である」とかいうものですが、BGMが完全にウルトラクイズです。特に、○×走りクイズの音楽をどうやって手に入れたのか。

 それでは東北です。安藤アナが出てきます。遠くからだと上重アナみたいにも見えます。「ZIP!見ている人」と言って、「その中で僕のこと知ってる人」と言うと一気に手が下がります。「2年半も出てるのに」。

 ザブングルが入ってきて、第1問です。いずれも仙台に関係あるフィギュアスケートの金メダリストの問題です。共通点を聞いているのですが、うまく作ったような無理しているような。ザブングルの2人が分かれて、また結構まともな根拠を言います。
 正解が出て、敗者復活の要求です。加藤が土下座して「くやしいです」。

 2問目、昆虫に関する問題です。私はついこの前「怒り新党」でこの事実を知って、「そういえば考えたことがなかった」と気づきました。この後、また新発想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

35回東北大会(その2)

 「水曜日のダウンタウン」がDVDになることが明らかになりました。第1弾は9月16日に発売されますが、ここに「FBI透視捜査官だったら、アメリカ横断ウルトラクイズの○×にダイブするヤツ問題が分からなくても泥まみれにならない説」が収録されるそうです。

 それでは東北大会です。セットは北陸新潟と同じです。今年は6県の東北大会でも、昨年までの単県大会と同じ大きさのセットだということです。考えてみれば、16回まではこの大きさで、背景もありませんでした。17回のときに企画の都合上、突如司会のセットが立派になったのです。

 開始の15分ほど前に、秋田・山形・岩手のチームだけ呼びます。合わせて十数チームでしょうか。果たして決勝が成立するのか。今年は開会宣言などがなく、前説のときにずっと横にライオンが黙って立っています。「山形のみんな元気?」で反応したのが4チームぐらいしかいないように見えました。
 全国大会は放送する6局の名前をすべて言いますが、東北大会についてはhuluで配信するとしか言いません。どこも地上波ではやらないということです。この後、怒り新党。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

35回東北大会(その1)

 ナナマルサンバツの10巻に載っている○×クイズで、「衆議院と参議院のダブル解散はこれまで一度しかない」というのがあって、「参議院は解散がないのに問題が間違ってる」と思って読んでいたら、参議院にはそもそも解散がないから×という引っかけ問題のつもりで出していたそうです。過去のクイズ攻略本で○×クイズについて書かれるとき、こういうパターンはいつも取り上げられています(パリの電柱にはすべて彫刻がほどこされている→パリには電柱がないとか)が、こういう問題をテレビのクイズ番組で見たことがないのですが。視聴者から抗議が来そうなので出せないでしょうね。

 さて、北陸の翌日、7月5日の東北大会です。私は北海道&東日本パスを使っていたのですが、石川の決勝があんなに時間がかからなければ当日中にたどり着けたのに、会津若松で足止めになりました。
 会場は仙台市陸上競技場です。ところがこの日は隣のコボスタで楽天の試合があるので大混雑です。昨年の中部大会が、高校野球の愛知大会の決勝か何かの球場の隣だったのと同じです。ところで競技場の中に入れるのか。公式サイトで北海道大会のところに入れないとわざわざ書いている以上、入れるでしょう。過去、○○競技場という名前の会場で入れなかったことはありません。真駒内競技場のように、実は会場が競技場の外だったということもあります(真駒内競技場の中で地区大会をやったこともある)。

 競技場に着いたら、「応援席」が設けられていました。誰でも入っていい席です。中で楽天のチアリーダーが練習しているのをすり抜けて席に向かいます。近年の近畿大会と同じパターンで、トラックの中に舞台が設けられていて、我々は観客席から降りられません。この後、それだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

35回北陸新潟大会(その17)

 先日、こういうツイートを発見しました。

――――(ここから)――――

BLACKザ・タブー編集部 ‏@the_taboo_
ゆうゆうワイドの悠々雑学クイズがいつも怖い。今日は「ヌーブラは誰のために開発されたでしょう? 答えはCMのあとで」「正解は乳がん患者でした」ってあっさり終わるんだけど、そのクイズ要る!?っていつも思う。こないだは「正解は奴隷でした」とかあって、もうなんか、怖い!

――――(ここまで)――――

 TBSラジオのこのクイズって、元クイズマニア問題制作会社が作っているんですよね。いつもエンディングのスタッフ紹介でクイズ有名人の名前が読み上げられるので違和感があります。

 それでは北陸です。新潟の決勝は本番でも自己紹介させます。新潟の女子と混成、高志中等教育の女子、村上中等教育の女子、新潟明訓、新潟南の女子です。高志中等教育は水泳部と元サッカー部、村上中等教育には図書委員がいます。

 1問目、幸福度1位の国で、新潟明訓が正解。2問目は昔ブームになったもので新潟の混成が正解です。3問目はまたしても女子向けのペディキュアですが、新潟の混成の男の方が答えます。4問目、元素記号の簡単な問題で新潟の混成が正解して、一気に終わりました。

 ここは負けたチームにもインタビューします。新潟明訓が「くやしいです」。そういえばザブングルはいつの間にいなくなった。新潟南は「21世紀枠を狙って書類を本気で書きたいと思います」。今年も昨年同様、スタッフが恣意的に選ぶ21世紀枠が11チームあります。女子なので選ばれる可能性は高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

35回北陸新潟大会(その16)

 前回のには、次の問題があります。

Homelessultra2

 それでは北陸です。富山の決勝は富山中部の4チームうち女子が1チーム、富山高専、滑川です。収録前に学校名を聞いていて、本番では学校名の紹介さえありません。
 1問目はバリバリの芸能問題。若者しか知らないバンドです。富山中部が正解。2問目、英語のつづりの問題で、同じチームがまた取ります。もう王手です。

 3問目、学校名を言う前に富山高専が答えてしまいます。よくあることで、改めて学校名を言うとか次から呼ばれるまで答えるなとか言えばいいだけなのに、この対応で司会がグダグダになります。高校生から何を言えばいいのかと言われる始末。
 4問目、簡単な問題で富山中部の別の男子が正解します。5問目はパソコンの問題で富山中部のさらに別の男子が正解。6問目、世界史の問題で、わざわざ簡単になるような聞き方をしています。富山中部の王手のチームが正解して決定しました。今度はなぜか勝者へのインタビューはあって、おととしは入善の3年、去年は高岡の3年に負けたので、今年は3年の自分が勝つつもりだったといいます。この後、それ狙い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

35回北陸新潟大会(その15)

 東京の渋谷区では公園からのホームレス締め出しが続いていますが、それに抗議する看板が撤去されても毎日必ず作られて並べられます。その中にこんなのがあったそうです。

Homelessultra_3

 それでは北陸です。石川の決勝の8問目、有名ベタ問で、「労働三法とは」で押せますが、問題を長く聞いています。金大附属の混成が正解。9問目、クラシック音楽の基本問題で金大附属の卓球部バレー部が答えます。
 10問目の正解はコンシーラー。定期的に出てくる女子向け問題ですが、女子高生は化粧はしないと思うので、これは意味がないのではないか。スルーです。11問目、簡単な英語の問題ですがスルー。12問目、「日本の国会で」で金沢泉丘の3年が押してしまって答えられません。意外に長くなってきました。
 13問目、簡単な熟語の問題で金沢泉丘のクイズ研が正解します。14問目も、今さらクイズ番組で出すのが恥ずかしいような簡単な問題で、金大附属の卓球部バレー部が正解。ここも王手になります。15問目、水泳の簡単な問題で金沢泉丘の3年が正解。これでやっと決定しました。終了後のインタビューなどは一切ありません。この後、もっと簡易。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

35回北陸新潟大会(その14)

 6回高クイの全国大会は国立競技場で行われましたが、スタンドだけでグラウンドは使えませんでした。あれの使用料がどのくらいだったのか今さら気になります。将来、国立競技場であんなことをやろうとしたら、採算をとるための莫大な金額を取られるのでしょうか。

 それでは北陸です。石川の決勝の1問目、北陸新幹線の問題で金沢泉丘の3年が正解。2問目はスポーツの時事問題で難しい。金大附属の混成が取ります。それにしても1問ごとのテンポが悪い。昨年の鳥取島根大会でも2年目の人がいちいち「それでは第2問にいかせていただきます」などと言うと書きましたが、今年も2年目の人が同じ状態に陥っています。

 3問目、日本三名園の問題で金沢泉丘の3年が正解して王手になります。4問目、簡単な漢字の問題で金大附属の普段会わないチームが正解します。5問目、室町時代の簡単な問題で金沢泉丘のクイズ研が正解です。6問目はファッションです。女子向け問題が交じるのもいつものことです。5問目に答えたチームが押して不正解。
 7問目、「バチカン市国の周り」で金沢泉丘の3年が「イタリア」と答えて不正解。「取り囲むイタリアの首都は」でした。簡単な問題が続く中にこういうひねりも入ります。この後、典型的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

35回北陸新潟大会(その13)

 今夜の「今ちゃんの『実は…』」で、京大パズル研とのパズルクイズ対決をやっていました。また、テレビ欄や電子番組表にはまったく載りません。出題される問題が、昔からパズル本に載っている超有名問題か、解き方のパターンが出尽くしている規則問題ばかりです。なぜ京大パズル研が勝てないかと思いますが、アルファベットの並び方のような問題は、クイズ番組でさんざんやらされているタレントの方が強いんでしょうね。

 それでは北陸です。三択の10問目、漢字の問題です。4ポイントの2チームは答えが分かれます。これで最後の1チームが決定しました。ちょうど番号札のくり抜きを使い切ったところで終わりました。

 早押しのセットは、昨年の決勝で使ったものの流用です。解答席がつながっているので、一瞬で設置できます。だから決勝進出は6チームだったのか。
 石川の決勝です。収録が始まるときのファンファーレが変わりました。チーム紹介が、高校生自身に学校名を言わせるようになります。これは初めてのことです。金沢泉丘のクイズ研。金沢泉丘の3年は3度目の出場で昨年も決勝に残ったそうです。金大附属のクイズ研と卓球部とバレー部のチーム。金大附属の混成のクイズ研。金大附属のもう1チームは普段はあまり会わないそうです。最後は金沢高専の1年です。
 ルールは3ポイント先取。不正解は2回休みです。この後、失敗を繰り返す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

35回北陸新潟大会(その12)

 ギリシャがサムライ債を返済したそうですが、この言葉をクイズ以外で初めて聞きました。本来は社会生活に根ざしたものを、単なる答えを覚えるための記号にするのがクイズかと思っていました。

 それでは北陸です。三択の6問目、野菜についての問題で、クイズ研なら間違えようがありません。これで新潟がすべて決定しました。7問目、偉人に関する問題で、これもクイズをやっている人には常識のたぐいです。不正解の答えは1チームずつしかいません。石川が1チーム、富山が1チーム決まりました。
 ここで、参加者を他県などから運ぶ格安バスが入ってきます。しかし考えてみると、このバスを使ってしまうと、途中で負けても決勝が終わるまで帰れないんですね。

 8問目、武井壮について。このくらい終盤になると芸能が出ます。1チームだけ不正解です。富山が1チーム決定、石川は終了です。9問目は生物で、非常に基本的な問題です。全チーム正解。富山の1チームが決定しました。残りは1枠で、3チームで争います。この後、新しい紹介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

35回北陸新潟大会(その11)

 先日の北海道大会が屋内でしたが、これについて、過去に第2回の近畿北陸大会が大阪城ホールで行われたというツイートが散見されました。しかし、(ドーム球場以外で)屋内で地区大会が行われた直近の回は、第5回の中国大会です。しかし番組でも本でも会場名が書いてありません。出場したという人から聞いたのですが忘れました。広島サンプラザのホールだと思います。どうやってあそこに3000チーム以上入ってYES-NOクイズをやったのかいまだに謎です。

 それでは北陸です。三択は5ポイント先取で、各県6チームが決勝進出です。1問目、ピサの斜塔に関する問題です。これはやや難しい。33回で問題が易しくなりましたが、残そうとしているチームのレベルをまた少しずつ上げているような気がします。
 2問目は一転、ガリガリ君についてです。こういうのも出すという姿勢を見せておく問題です。これは推理で答えられるでしょう。圧倒的に正解が多い。3問目、アメリカについてで、これはもう勉強問題です。この時点で全問正解は4チームです。4問目は美術で、クイズ研なら誰も間違えないようなベタ問です。圧倒的に正解が多くて、全問正解は3チームになります。
 5問目、万葉集についての問題です。やはりクイズ研寄りです。全問正解は2チームと1チームに分かれます。すべて新潟であることがわかりました。新潟の2チームが勝ち抜けます。この時点で4ポイントは新潟5チーム、富山3チーム、石川1チームです。この後、帰れない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

35回北陸新潟大会(その10)

 昨夜の「久保みねヒャダこじらせナイト」は、最近クイズにはまっている能町みね子の要望で、普通に早押しクイズをするというだけの企画です。ほぼ本物に見えるウルトラハットを用意して、効果音もウルトラクイズです。出題形式はクイズグランプリでした。エンディングで「こういう番組でクイズとかやり出したら終わり」と言っていましたが、確かに打ち切り直前になるとウルトラクイズのパロディをやる番組は多い。「おじゃまんが山田くん」で「東江戸川縦断ウルトラクイズ」という回があったのも最終回直前だったと記憶しています。ところで久保みねヒャダは放送から1週間、無料配信されているので、ネットされていない地域でも見ることができます。

 それでは北陸です。準決勝ですが、今年の地区大会は何も新しい設備を作っていません。そして地面にはロープが引かれています。ということで、前進三択です。さっき敗者復活戦で三択を50問やって、また三択なのか。
 そしてなぜか三択の札が新しくなりました。高クイでは第1回からYESが青、NOが赤というのは一貫していますが、三択の色は毎回まちまちでした。20回ぐらいになってようやく、1が青、2が黄、3が赤で固定されました。その番号札があったのですが、今回、白地に1が青、2が緑、3が赤の札が新調されています。
 ルール説明で、その札の謎が解けました。それぞれの札には、上に1から10までの丸があります。1問目の正解が3だと思ったら、3の番号札の1の丸をくり抜くのです。つまりこれまで問題数限定の○×クイズのときに使われてきたくり抜く解答札が三択にも導入されたということです。出場者は常に何問目か意識していなければなりません。これは○問先取という形式では史上初のことです。この後、ガリガリ君。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

35回北陸新潟大会(その9)

 今年の高クイは地区大会の他にスマホでの予選と謎解きの予選がありますが、公式ツイッターで、同一校で3枠独占もあり得るということを明言しています。今年は同じ学校から複数チームが全国大会に出るのを認めるのか。このところ、地区大会で勝った学校は特別大会の対象にならないようになっていましたが。

 それでは北陸です。抽選会は舞台から降りてやります。キレイキレイセットが6チーム。引かれる番号に、県名がありません。抽選券は受付のときに配っています。今年は応募がすべてネット上のやりとりになって、紙の形での参加証がなくなりましたからね。
 テレビ新潟グッズが5チーム。当たった番号の最大が76番ということは、少なくとも76チームは来ていたことになります。スタッフTシャツが2チーム。
 ザブングルのグッズは、加藤が「1分間勉強法」という本を出します。もらったもので読んでいないそうです。ゴールデンボンバーのタオルが3チーム。ライブ会場などで売っているもので、サイン入りです。

 次のクイズを前に、新潟だけ後方に移動させます。富山も石川も10チームぐらいです。この後、色が変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

35回北陸新潟大会(その8)

 本日の毎日新聞朝刊(大阪本社のみ)で、1面全部がクイズ番組の特集になっています。内容は、アタック25についてと、ウルトラクイズなつかしいねえという、最近メディアが一つ覚えみたいにやっているネタです。大阪だけの割にはクイズ界の重要人物に取材しています。ウルトラクイズ復活について小倉淳は、スマートフォンがある時代に対応できるような発想ができれば可能性はあると言っています。

 それでは北陸です。今回はディレクターがボーダーラインを決めることで落ちるチーム数を調整します。動画モニターに表示されたのは、23点。23点以上取っていれば2回戦に進めます。スタッフにスマホの点数画面を見せて勝ち抜けシールを受け取ります。注意書きも回収します。
 ここで負けたのは20チーム弱でしょうか。意外に多い。その中で富山と石川を呼びます。この2県は点数に関係なく合格でしょう。

 次はザブングルのライブです。「どこが華奢な体や。カッチカチやぞ」をやってショートコントを2本やります。終わったら諸橋アナが出てきて「華奢な体なんて、私は言われてみたい方なんですけど」。ここが一番ウケます。この後、1分間勉強法。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

35回北陸新潟大会(その7)

 さっき「LIFE!」で、入学試験の三択の選択肢をつくるというコントをやっていました。「将軍つながりで」とか「それはさすがにナメすぎているだろ」とか、クイズ作家が言っていることそのままではないか。

 それでは北陸です。ルールの紙にはいろいろ注意書きがあるようです。挑戦チーム数はシステムで管理されているので複数の端末を使うな(挑戦者以外がアクセスするのも禁止)。SNSに問題を載せるな。スクリーンショットで問題を持ち帰るな。他の人に連絡して相談するな。参加者個人のスマートフォンを使うだけに大変です。なお、問題を解いている途中に電話がかかってきても、切った後に継続できるようになっているそうです。

 入力フォームが各端末に配信されます。全員の端末に表示させるのに手間取っています。受信できないチームには番組の端末を貸します。まず自分の県をクリックするようになっています。スタートして5分経つと、終了ボタンを押して結果発表ボタンを押すと自分の得点が画面に表示されます。
 さて、何チームが復活するかですが、昨年はスタッフが「続行」「終了」を表示して調整していましたが、今回はボーダーラインの点数を出します。この後、プロよりウケる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

35回北陸新潟大会(その6)

 本日の「徹子の部屋」は追悼特集でしたが、紹介しきれなかった人が最後にダイジェストで取り上げられていました。その中に小泉博がいました。かつて番組で、クイズグランプリについて話していたことがわかりました。放送時間が実質12分なので、初期は問題が収まらないことがあったそうです。

 それでは北陸です。敗者復活戦をやるかどうかのゲームは、昨年と同じ大玉転がしです。これなら設備もなく、空気を抜けば簡単に運べます。後方のコーンまでザブングルが2人で1往復ずつして30秒です。始めようとしたら、まるで撮影しているかのように会場の真上に2台のヘリコプターが現れます。28秒で成功します。

 敗者復活戦を始めるときに、昨年の「続行」のときの曲がかかります。ここで行われる敗者復活戦のタイトルは「スマホクイズ」。19回の関東大会で、携帯電話を使ってもいいペーパークイズというのをやったことがありますが、ついに参加者がみんなスマートフォンを持っていることを前提にしたクイズをやる時代になったのです。スマホを持っていないチームにはスタッフが貸し出しますが、2人ともスマホを持っていないチームは2つだけでした。
 ルールを書いた紙が配られます。ここにURLとQRコードが書いてあるようです。ルールはこれまでインターネット大会でやっていたのと同じです。三択が50問出て5分で解きます。この後、注意が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

35回北陸新潟大会(その5)

 旅行情報のサイト「タビリス」にこんな記事があったのを発見しました。アメリカ横断ウルトラクイズの最高傑作「第13回」が再放送へ。伝説の準決勝の会場へ行ってみた

 それでは北陸です。1問目は○×クイズとしてまともな方が正解でした。今年も湘南乃風によるタオル回しがあります。今年のタオルは、番組が提携したLINEキャラクターが描かれています。松尾が敗者復活戦を求めて土下座をします。敗者復活を認めるかどうかのチャレンジは○×クイズが終わってからやるといいます。このタイミングも過去にありません。

 2問目、言葉に関する問題です。聞いたことがありませんが、この単語から問題作家がでっち上げを思いつくとは考えにくい。しかし圧倒的多数があちらの答えに行きます。そして一気に減りました。
 3問目、秋田のものについての問題です。これはテレビで見たことがあります。しかし正解が2チームしかいません。今年も○×クイズをやる意味がない状況が続きそうです。

 敗者を舞台の前に戻してザブングルが出てきます。この後、この後、ヘリコプター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

35回北陸新潟大会(その4)

 この前、総合司会も応援アーティストも関東にしか来ないと書きましたが、公式サイトを見たら、近畿と中部の司会が桝アナであることが発表されているではないか。大阪・名古屋・東京に来るのなら総合司会と言ってもいいと思います。近畿は陸上競技場だから、昨年に引き続き靴が大事な上重アナというわけにはいかなかったのか。

 それでは北陸です。「1回戦のクイズを始めていきましょう」というところでザブングルが乱入します。このタイミングで芸人が出てくるのは過去の大会にないパターンです。モニターに「○×クイズ」と出る映像は去年と同じです。
 今年の○×クイズのルールは、3問出題して全問正解のチームが2回戦進出です。出張大会で使った穴を開ける○×札は出てきませんでした。

 1問目、「ここ新潟といえば、へぎそばが有名ですが」で、そばの問題です。○×クイズの常道からすればあちらの答えになるはずですが、今年の予選の雰囲気を見ると、番組側がいい加減な問題を作っていないか不安になります。自治体などが単発でやる「ウルトラクイズ」といった企画で素人が問題を作っていると、「高校生クイズでこの問題文なら絶対に×だが、出題者の無能さを考えると○があり得る」などと考えなければなりません。ザブングルの2人は○と×に分かれますが、加藤が意外にちゃんとした答えの根拠を言います。この後、そのタイミングも違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

35回北陸新潟大会(その3)

 今週の「スタジオパークからこんにちは」に山西惇が出ていましたが、プロフィール紹介で「中高一貫教育の進学校へ入学。自由な校風でのびのびと高校生活を送りました」。東大寺学園とは言えないんだな。修学旅行の写真が出て、飛行機で沖縄に行ったが「沖縄ではしゃぎすぎて次の年からそれはなくなりました」。私の下の代が、東大寺学園の修学旅行で飛行機を使うのが議論になって初めて実現したといわれていましたが、すでに私より上で使っているではないか。単に山西の代に問題があったから飛行機を使わなかっただけか。

 それでは北陸です。この地区大会の模様は、9月1日からhuluで配信と言います。全国で見られるわけですが、逆に言うと、huluでしか配信しないということか? ついに高校生クイズの地区大会が地上波に値するコンテンツでなくなったのです。参加者も減ったし独自の企画もやらなくなったし、アメリカに力を入れて予算が配分されなくなったのを感じます。全国放送で予選の模様を流すなんて夢のまた夢になりました。
 全国大会は新潟以外でも地デジ4チャンネルで見られると言いますが、富山は1チャンネルですが。そしてテレビ新潟では北陸新潟大会の番組が8月22日に放送されることがわかりましたが、逆に北日本放送とテレビ金沢では放送されないことを明言します。やはりhuluだけです。諸橋「他県はここで新潟の友だちつくれば、DVDとか送ってもらえるかも」。

 山本健太アナの口上が、北陸新幹線で向かえ日本海とかいうのですが、参加者の大半は北陸新幹線に関係ない地域に住んでいると思いますが。「ニューヨークへ行きたいか」をやってから、ゴールデンボンバーの応援メッセージを流します。この後、今までないやり方。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

35回北陸新潟大会(その2)

 QUIZJAPANに、「なるほど!ザ・ワールド」の形状記憶合金について出ていましたが、私が形状記憶合金というものを知ったのはまさにこの番組です。確か第2回だったと思います。愛川欽也が「車をぶつけたらお湯をかけたらいい」と言っていたのを覚えています。

 それでは北陸です。信濃川を渡るとセットが見えます。昨年の単県大会のセットをそのまま流用しているだけです。地区大会がすべて複数県に戻っても、この大きさのセットで済むのか。透明な素材を使っているので、セットの裏が見えます。
 機材を運ぶトラックで、全国放送が9月11日であることがわかります。トラックには毎年恒例の、総合司会と応援アーティストが描かれていますが、どちらも関東以外まったく出てこないのですが。見たことのあるスタッフがあまりいません。翌日の仙台と別働隊なのでしょうか。そして当然、元スタッフでテレビ新潟に入社した人が仕切っています。

 開始直前になると高校生が舞台前に集まります。意外に多い。60~70チームぐらいいそうです。これなら各県の決勝が成立しそうです。
 前説で、電子機器の電源を切れという注意に、パソコンとデジタルカメラが新たに加わりました。熱中症を防ぐために飲み物を買えというので、大塚食品のブースがあるのに気づきました。Z会のブースも並んでいます。この後、予想外の変革。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

35回北陸新潟大会(その1)

 昔こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 ビーバップ!ハイヒールの本編について書きます。今週は映画の日本語字幕についてでした。映画「Ted」で、甘やかされて育った子どもを殴る場面があって、「この子のために誰かがジョーン・クロフォードにならなきゃ」というセリフがあります。ジョーン・クロフォードはハリウッド女優で、子どもに対する厳しい教育方針から、アメリカでは恐ろしい母親の代名詞になっているそうですが、日本ではそんなことは知りません。そこで日本語の字幕では、ジョーン・クロフォードというセリフが「星一徹」になったのです。
 さらに、「お前よりテディ・ラクスピンが欲しかった」というセリフ。テディ・ラクスピンはアメリカでは誰もが知っているクマのキャラクターですが、日本では知られていないので、「くまモン」に置き換わっています。
 テッドが走っている車から車に飛び移るシーン。「ジョン! T・J・フッカーより凄いだろう」というセリフがあります。T・J・フッカーは1982年のアメリカのアクション警察官ドラマだそうですが、これが日本ではどうなったかというと、「ガチャピン」なのです。

――――(ここまで)――――

 今週のラジオで、この訳をやったのが町山智浩だったことがわかりましたが、町山はかなり批判を受けたそうです。Ted2ではこういうのはやらないらしい。

 さて、今年の本番の予選は、18回以来の北陸からのスタートです。よく沖縄大会をなくすという決断をしたものです。また、最初の予選が土曜日というのはおそらく史上初です。最初の予選の翌日に次の予選があるというのは過去にありません。
 それにしても新潟はもともと北陸大会なのに、なぜ「新潟北陸大会」という呼称にする必要があったのか。そして今回、北陸新幹線ができたことで、新幹線以外の鉄道が極めて不便になったので、福井県のチームが会場まで来ることができなくなって、突然福井が中部大会に変更されました。そもそも会場を上越市とか糸魚川市、あるいは富山県にすればいいだけのことで、20回以降、番組側が新潟市で予選をやることに執拗にこだわっている意味がわかりません。国立競技場のアーチのようです。ということで、今年もテレビ新潟の敷地です。この後、やはりいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

ハイブリッドな事前番組(その5)

 今年は地区大会の番組はhuluで配信するそうですね。金を払わないと見られないということなのだろうか。あと、恣意的に選ばれる21世紀枠が今年も11チームあるそうです。

 それでは事前番組です。長野から中部大会の会場まで、特別バスツアー往復4000円というCMが流れます。今年は地区大会が減った分、出張大会が行われるとともに、全国のかなりの県から予選会場までの格安バスが運行されます。交通費もさることながら、例えば石川県から新潟市の会場へ、当日出て予選が始まるのに間に合うように公共交通機関で行くのは非常に難しくなりましたが、これを使えば乗り換えもなく確実にたどり着くことができます。一方、みんなこのバスを使うとなると、そもそもこの県の参加者はバス1台の定員以下しか来ないのだろうかとも思います。

 本編に戻って、さかなへんの漢字について。まず厚切りジェイソンが何文字か書いて、書道が入って、厚切りジェイソンがそれにつっこむという流れだということがわかりました。次に傘という漢字について。さらに熟語についてです。

 このあとゴールデンボンバーから重要なお知らせとしてCMに入ります。最後のCMの後に重要なお知らせがあるわけがないのですが、本当に重要でした。これまで発表した予選の他に「究極のクイズ」というのがあって、それを最も速く解けたチームは全国大会に即出場だそうです。知力偏重時代のようでもあり、知力軽視時代の新聞予選のようでもあります。公式サイトによると謎解き問題らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

クイズをやったニコ生

 読売テレビで2日の深夜に事前番組第1弾が放送されます。しかし高校生クイズの公式サイトには例によって一切出ていません。

 さて、本日は高校生クイズのニコ生がありました。17時からという異例の早さでタイムシフトにも対応していないので、どれだけの高校生が見たのかわかりません。これで新たにわかったことを書きます。
 高校生クイズでは近年、個別の学校への出張大会もやっていて、今年はさらに充実しています。これをやって地区大会の出張大会もやっているのですから、それなら各県で普通に予選をできそうに思いますが。学校での出張大会は、個人単位の参加であることがわかりました。○×クイズで勝った8人が決勝の早押しをやります。そして優勝者が組んだチームは、本番の地区大会で1回戦シードだけでなく交通費も出ることが判明しました。

 ニコ生では○×クイズや早押しクイズがかなり放送されました。宇都宮短大附属の予選では、1問目で○が1000人、×が600人と言っています。今、どこの本番の予選でも高校生はそんなに参加してくれないぞ。長崎の海星でも1000人が参加しています。さらに淑徳与野、作新学院、日大三島と続きます。司会はすべて放送エリアの局のアナウンサーです。○×はスポーツや生活関連の問題ばかりで、出題傾向がよくわかります。
 17時半ごろから連続でプレミアム会員による追い出しがかかりますが、しばらくしたら落ち着きました。さらに○×傑作選というコーナーがあって、小松大谷、栄東、一関修紅、日大明誠、東京成徳大学高校の予選が放送されます。栄東は昨年の高校生クイズ全国大会出場の垂れ幕が出ています。高クイは学校にとってそのくらいの扱われ方をする大会になったのか。

 あと、高校生ギャップグランプリとして、出張大会で撮った変顔写真(番組フェイスブックに載っているらしい)を紹介します。さらにゲストとして、昨年全国大会に出た藤島の人が出てきます。エコノミクス甲子園のニコ生みたい。まさに外見で選ばれた感じです。
 さらに鳥取敬愛、群馬の樹徳、沖縄尚学、佐久長聖の出張大会があります。沖縄尚学だけ司会が吉本芸人です。出張大会の参加者の合計が6015人と発表されます。これはテレビ局でやった出張大会は含まれるのかわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

ハイブリッドな事前番組(その4)

 昨年こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 本日、関西テレビで「クイズ丸投げ丸もうけ!芸能人にまかせなさい」という番組をやっていました。宇治原から鈴木奈々まで5人の芸能人が「夢叶えるンジャー」になって、クイズに答えます。一般人のチームが、クイズに答える5人をうまく利用して、最終的に希望の賞品の獲得を目指します(一部、一般人も答えるところがある)。ルールがよくできていて、ローカルでやるのがもったいない。一般視聴者が参加するクイズ番組はこういうやり方があるのかという可能性を感じました。

――――(ここまで)――――

 昨日、全国ネットでやっていましたね。関西ローカルのときからかなりルールが変わっていて、タレントの数が増えていました。良くなったところと悪くなったところが両方あるので、何ともいえません。スタッフロールを見ると両方に高校生クイズ関係者がいますが、人は代わっていました。

 それでは事前番組です。CMが明けて、全員正解です。そして「クイズだからと変に構えなくて、気軽に参加してくれ」と言います。3年前までのような問題ではないということをここまでアピールしているのです。そしてゴールデンボンバーの選んだ問題も出るそうです。

 次は「高校生×人気芸人 オモシロ動画!!」。Qストリームで厚切りジェイソンが埼玉の川口高校に行きます。「川、口、簡単な漢字でわかりやすいねー」。書道部でパフォーマンス書道をしています。部員に「2年もやってるんですか。僕は芸歴8カ月だよ」。
 書道部の書く漢字に厚切りジェイソンがツッコミを入れる動画を撮影します。2時間練習して、「いよいよこのあと大公開」でCMになります。ここで、長野県に来たかいがあった情報が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »