« 日本人の質問(その74) | トップページ | 19回北海道大会(その2) »

2015年6月12日 (金)

19回北海道大会(その1)

 「タカトシ牧場」のウルトラクイズの第2弾が関西テレビで放送されました。前回気づいていませんでしたが、ウルトラハットは「早押し!アンサー」を帽子に張り付けているだけでした。あのおもちゃを「早押し!アンサー」というのを今調べて初めて知りました。

 それでは今回は、35回の地区大会と同じルールで1回戦をやりそうな19回北海道大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 北海道に行くにあたっては、羽田を5時50分に出る臨時の早朝便を使おうと思っていました。これなら余裕をもってクイズ開始に間に合いますし。特定便割引だと半額になります。しかし10日ほど前にiモードで予約しようとしたら(どうでもいいことだが、私の携帯電話のストラップは、もちろん、2年前に限定発売された「福澤朗ストラップ」である)、特定便割引どころか完全に満席でした。仕方なく、6時40分の便を正規運賃で予約したのでした。しかし、予選前日にもう一度見てみると、ハイジャックの影響か、空席ができていました。でも今さらキャンセルして予約し直すのも面倒だし、結局そのままの便で出発しました。羽田空港の手荷物検査は特に変わったようには思いませんでした。

――――(ここまで)――――

 当時の私が考えていたことがわかりませんが、5時50分の便の特定便割引は結局取れなかったんでしょうね。運賃が大幅に安くなるならキャンセルして予約し直すのが面倒などと思わないだろうし。
 この直前に起きたハイジャックというのは、刃物を持って例えば伊丹から羽田の便と羽田から札幌の便を乗り継げば、羽田で降りたときに預けた刃物を受け取って、そのまま手荷物検査をすることなく札幌行きに乗れるといった警備体制の不備を関係各所に指摘したが無視されたため実際にハイジャックをやったという事件です。これをきっかけに、空港の手荷物受取場の通路に自動改札がつきました。

|

« 日本人の質問(その74) | トップページ | 19回北海道大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61730897

この記事へのトラックバック一覧です: 19回北海道大会(その1):

« 日本人の質問(その74) | トップページ | 19回北海道大会(その2) »