« 25回中部大会(その18) | トップページ | 19回北海道大会(その1) »

2015年6月11日 (木)

日本人の質問(その74)

 こういうのが出てきました。

Participation_3

 第1回から第10回まで(第2回を除く)参加賞として配られていました。プラスチック製でクレジットカードのサイズです。裏は回によっていろいろで、この写真のは星座別の占いになっています。7回以降はYES-NOクイズが2問載って、参加者が応募して正解者の中から抽選で賞品が当たるようになっていました。全国放送の最後に正解だけ発表されるので、一般の視聴者には問題がわかりません。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

1920年代に、美容に関連した道具で「えっ、もうあったの?」と驚く映像とは?
「Strange Exercise. 1920」というタイトルで、今とまったく同じベルトマッサージ機を10人ほどで使っている映像が残っている。商品をPRするためのものと思われる。
2000年8月、鎌田真気(まさき)という8歳の女の子が世界チャンピオンになったのは何?
スポーツチャンバラ。1500人の参加者の中から優勝した。試合時間は3分。柔らかい剣で、当たれば一本。2003年の国体でデモンストレーション競技になる。
1980年と比べて1999年の小学生が数多く体験していることは?
ベネッセ教育研究所の調べで、カエルに触ったこと、赤ちゃんをおんぶしたこと、自分でリンゴやナシの皮をむいたことといった項目は、「ほとんどない」が大幅に増えているが、一人でお米をといでご飯を炊いたという項目は大幅に増えている。共働きが増えたことが背景にあると思われる。
小学5、6年生への「1万円を自由に使えたら」というアンケート調査でトップになったのは?
関東近郊の568人に聞いたところ、男女とも「貯金する」が圧倒的に1位。男子の2位が「ゲームを買う」。女子は5位。
小学生から高校生までに「あなたの好きなことわざは」というアンケートをとったところ、1位になったのは?
1999年、くもん調べ。3位は「一石二鳥」、2位は「ちりも積もれば山となる」。そして1位は「棚からぼたもち」。ちなみに嫌いなことわざの1位は「石の上にも三年」。

――――(ここまで)――――

 ホールドオンへ続く伝統のアンケート問題です。これを知ってどうしろというのか。

|

« 25回中部大会(その18) | トップページ | 19回北海道大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61724962

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その74):

« 25回中部大会(その18) | トップページ | 19回北海道大会(その1) »