« 25回中部大会(その17) | トップページ | 日本人の質問(その74) »

2015年6月10日 (水)

25回中部大会(その18)

 昨日のテレビ東京の「大人も知らない大人の事情」。黒ひげ危機一発は当初は飛び出した方が勝ちだったというので、普通は「某テレビ番組で」で済ますところ、「クイズ・ドレミファドン!」の映像をちゃんと使っていました。しかも、高島忠夫以外のタレントにはボカシがかかっていますが、解答者の一般人にはボカシがかかっていません。ところで、この番組で最大の大人の事情といえば、別の女子アナがアシスタントをしているのに紺野あさ美がひな壇にいて変なダンスをやるところだと思いますが。でも誰もつっこまないんですね。以前関東ローカルで放送されたときは、「陣内智則さんは何か大人の事情はありますか」などと言っていたのに。

 それでは25回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 その次は「好きな人の名前」で、解答権はとれませんでしたが「い」としたチームがいました。何のことかと思ったらイ・ビョンホンだそうです。読心術の女子が勝ちました。これで中部の代表は男子が1チームだけという非常に珍しいことになりました。インタビューで「今の僕(鈴木アナ)の気持ちは?」「ビールが欲しいなあ」
 表彰式は、長野だけ先に帰して、4チームでやりました。17時23分に収録が終了です。今年の予選で最も早い。しかもスポーツうるぐすもないので、鈴木アナはずっと地元の主婦らと話しています。
 一方、Banの詰め合わせの大盤振る舞いが始まりました。参加者に配られるものですが、大量に余ったようです。大阪に運べばいいと思うのですが、どうも全部ここで処分しないといけないようです。私も2つもらいましたが、とにかく道行く人に配りまくっても減りません。箱ごと渡した人もいます。アルバイトが自分に吹き付けまくっていました。

――――(ここまで)――――

 このころはまだ、長野だけ表彰式に残さないということを特筆しています。今や、全チームを集めての表彰式などやることはなく、終わった県はとっとと帰しています。

|

« 25回中部大会(その17) | トップページ | 日本人の質問(その74) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61720727

この記事へのトラックバック一覧です: 25回中部大会(その18):

« 25回中部大会(その17) | トップページ | 日本人の質問(その74) »