« 19回北海道大会(その2) | トップページ | 19回北海道大会(その4) »

2015年6月14日 (日)

19回北海道大会(その3)

 前回、沖縄出張大会は入れるのではないかと書きましたが、通常の地区大会の中で、北海道大会がテレビ局の屋内施設でやるので一般と付き添いは入館できないと書いてあります。高クイの地区大会1回戦を屋内施設でやるのは5回中国以来です。それにしても、これを書くのは我々への配慮でしょうか。北海道へ行かなくていいとわかっていると非常に楽になります。

 それでは、当時はとても屋内でできないような人数が来ていた19回北海道大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 辛うじて、札幌テレビの人が前説をやっている途中に会場に着きました。続いて各会場で恒例の開会宣言になりますが、報道制作局長の岡田という人を紹介するのに、「縁の下の力持ちとしてこのクイズを企画してくださった、STVの岡ちゃんです」。昨年に続いて、札幌テレビだけが開会宣言でふざけているのがおもしろい。

 再びヘリコプターが現れて、福澤アナが上空から第1問を出題します(実際にはヘリに乗っていなくて、別のところから音声を出しているのは明らかだが)。それにしても、あまりに簡単すぎないか? いくら北海道の第1問は易しい問題を出すことになっているとはいえ、全員正解ではさすがに困るでしょう。そして合図とともに高校生たちが走り出します。今年のルールからして、こういう走りをやる必要はないのですが、沖縄と同様、第1問だけ走る映像を撮っています。全国放送では7問出題などと
いうルールは明かさず、例年通りサドンデスのように見せるのでしょうから。

――――(ここまで)――――

 初期にはヘリコプターに乗って出題して、その映像がありましたが、このころはそういう手間をかけなくなりました。沖縄では末期は、問題を出さずに走る映像だけを撮っていました。このときの第1問は、雪の決勝はすべて六角形であるというものです。今思うと、それで間違えるレベルの人は結構いるような気がします。

|

« 19回北海道大会(その2) | トップページ | 19回北海道大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61740439

この記事へのトラックバック一覧です: 19回北海道大会(その3):

« 19回北海道大会(その2) | トップページ | 19回北海道大会(その4) »