« 19回北海道大会(その4) | トップページ | 19回北海道大会(その6) »

2015年6月16日 (火)

19回北海道大会(その5)

 日曜日の「NHKとっておきサンデー」で「バラエティ生活笑百科」の問題作りについてやっていました。ディレクターは官公庁のホームページをネタ元にストーリーを作って、弁護士が「これでは裁判に勝つが慰謝料は取れないという結論になるのですっきりしない」などと言って、答えがシンプルになるような話に作り替えていました。それでも初期に比べると「仮にこのテーマで裁判をやったらこういう判決になる可能性が高い」という解答が増えています。世の中が複雑になって、クイズには向かなくなっています。

 それでは19回北海道大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 そういえば、札幌開成高校の名前はさんざん出ていましたが、本人が登場しなかったということは、今年は出場していないんでしょうね。

 第1問は不正解が正解の半分ほどはいてくれました。意外に知らないものですね。雪についての問題でした。高校生クイズの本や雑誌の特集では「季節感のずれた問題はボツになる」となっているのですが、こういう問題も出ています(過去には「豪雪地帯」に関する問題も出たことがあるし)。夏に関する問題ばかりでは情報が偏るからこの方がいいとは思います。

 さて、2問目以降も圧倒的多数が勝つ問題が続きます。どこで一気にひっくり返す問題が出るのか。しかし、最初から通過チーム数を決めてやるYES-NOクイズなら終わらせるために途中で難しい問題も出ますが、今回は人数がまったく絞れないまま終わってしまう可能性もあります。

――――(ここまで)――――

 「日本の半分以上の都道府県が豪雪地帯に指定されている」という問題が北陸で出ましたが、1問目ではなく2問目でした。

|

« 19回北海道大会(その4) | トップページ | 19回北海道大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61749181

この記事へのトラックバック一覧です: 19回北海道大会(その5):

« 19回北海道大会(その4) | トップページ | 19回北海道大会(その6) »