« 25回中部大会(その12) | トップページ | 25回中部大会(その14) »

2015年6月 5日 (金)

25回中部大会(その13)

 長野出張大会について、局のサイトを見ると、成績優秀チームは中部大会で1回戦シードと書いてあります。交通費が出るのは優勝チームだけだが決勝に進出すると1回戦シードなのだろうか。一応それだと本番の予選に行くインセンティブにはなります。実際に行ってみたら1回戦で落ちるチームはほとんどいなくて「だまされた」ということになるかもしれませんが。

 それでは25回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 昨夜は日曜日でしたが、鈴木アナは「スポーツうるぐす」に出ていませんでした。さすがに近畿の後、1人で東京に行って出演して、また1人で翌朝北海道へ行くというわけにはいかないか。代わりに出ていたのは「シオドメ横断ウルトラクイズ」の炭谷アナでした。

 中部大会の続きです。準決勝、最後は愛知だけでやります。見物している敗者の中に、タンクトップの女子チームがいます。彼女らに向かって鈴木アナが「日焼けしない?」「(日焼け止め)塗ってる」。すると「塗ってあげたい」と言ってから、「だめだめ。そんなことしたらすぐ捕まっちゃう。未成年にはノータッチ」。
 愛知は同じ学校が3チームいます。1問目。人名の漢字を書く問題です。正解が3チーム。いきなり終了です。三重は14問もかかったというのに。
 先ほどの対戦で松阪高校を「まつざか」と言っていたため、音声をとり直します。「三重県松阪高校」「松阪高校、答えは」「松阪高校、脱落!」

――――(ここまで)――――

 シオドメ横断ウルトラクイズは日によって別の人が担当していたようです。それにしても、炭谷アナと「だめだめ。そんなことしたらすぐ捕まっちゃう。未成年にはノータッチ」が同じ文章に出てくるとは。高度な清廉性です。

|

« 25回中部大会(その12) | トップページ | 25回中部大会(その14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61696296

この記事へのトラックバック一覧です: 25回中部大会(その13):

« 25回中部大会(その12) | トップページ | 25回中部大会(その14) »