« 17回東北大会(その9) | トップページ | 17回東北大会(その11) »

2015年5月13日 (水)

17回東北大会(その10)

 1年前にこのようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 この本って、学年ビリから慶応に合格したギャルが書いたものだとばかり思っていたら、この生徒を指導した教師が書いたものだったんですね。よくある、東大合格者が書けば何でもいいような受験本と違って、文章を書けるところまでは能力をつけられなかったか。

――――(ここまで)――――

 そもそも表紙に写っている人は関係ないモデルだというコメントもつきましたが、当人はよほど表に出せないような外見なのかと思っていたら、先日の映画「ビリギャル」の宣伝番組であっさり当人が出ていました。そしたら

 こんな本が出たんですね。当人も文章を書けるんじゃないか。

 それでは17回東北大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 ここで九州の悪夢がよみがえります。このままAブロックから全部の勝者が出るのではないか。福澤アナがクイズ開始前に、「一方のブロックに解答権がないまま終わってしまったことが実際にあります」と言っていました。しかし3問目はBブロックがとります。だがまた問題が難しくて点が入りません。福澤「ここでBブロックがもう1回解答権を取りたいねえ」。それは私の思っていることと同じです
が、司会者が言っていいのか?
 ところがここから意外な展開に。以後のゲームは全部Bブロックが勝ちました。一応、Aブロックには2回解答権があったものの、勝ち抜けたのは2問とも1位を当てた1チームだけで、限りなく失敗に近い。

――――(ここまで)――――

 この前にあった九州大会では、全部のゲームを同じブロックが取って、相手にはクイズへの解答権がないまま、一方のブロックの全チームが勝ち抜けたのです。8回ウルトラクイズの綱引きみたいなものです。
 この東北大会では、最初の2問だけAブロックが取って、残りの問題はすべてBブロックが取ったので、Aブロックから決勝に進出したのは最初の2問でともに5点を取った全国優勝チームだけです。

|

« 17回東北大会(その9) | トップページ | 17回東北大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61581201

この記事へのトラックバック一覧です: 17回東北大会(その10):

« 17回東北大会(その9) | トップページ | 17回東北大会(その11) »