« 17回東北大会(その11) | トップページ | 17回東北大会(その13) »

2015年5月15日 (金)

17回東北大会(その12)

 「汐博」が今年から「超☆汐留パラダイス!」になることが発表されて、エヴァンゲリオンのリアル脱出ゲームをやることだけ発表されましたが、当日券は3500円もするんですね。そんなに金の取れるコンテンツなのか。そんなことより、高校生クイズブースは今年も無料でライオン製品ももらえるのかな。

 それでは17回東北大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 ルールは九州と同様、県によってクイズのルールが異なります。ダーツを使うのは、早押しで正解すると相手チームがダーツをやります。「アウト」に刺さると、そのチームのメンバーが1人失格になります。3人とも消えると負けです。「セーフ」なら変化ありません。もう一方のルールは、通過クイズが1人で三択です。ただし九州と違って、早押しが2ポイント先取になっていました。県の多い九州の方が、なんでポイントが高いんだ。福岡放送が編集で困るだろ。九州の番組は沖縄大会の模様も流さなければならないのに(なお、現在は沖縄大会という番組はなく、沖縄テレビのバラエティー番組の中で、数週にわたって予選の模様を紹介するらしい)。

――――(ここまで)――――

 地区大会の決勝のルールが県によって異なるというのは、この回だけ行われた企画です。県ごとに抽選をやって決勝のルールを選びます。ダーツでない方のルールは、早押しで2ポイント取ると代表1人が三択に答えて正解すると全国大会進出です。間違えても0ポイントではなく1ポイントに戻るのだったと思います。
 このころの九州大会の番組は8県を扱いますが、編集はうまい。むしろ、県の少ないところの局の方が、制作能力がなくて、どうでもいいことに時間を使ったりします。

|

« 17回東北大会(その11) | トップページ | 17回東北大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61590284

この記事へのトラックバック一覧です: 17回東北大会(その12):

« 17回東北大会(その11) | トップページ | 17回東北大会(その13) »