« 日本人の質問(その73) | トップページ | 25回中部大会(その2) »

2015年5月20日 (水)

25回中部大会(その1)

 NHKの「東北発☆未来塾」を見ていたら、東日本大震災で活版印刷所が壊れて、そのときにまだ使える活字を拾い出して、その活字だけを使って詩をつくるというプロジェクトがあったことを知りました。例えば「あ」という活字は6本しかないので、詩の中に6回しか使えません。これを実際にやっていたのですが、ゲームとしてもおもしろそうです。「伝えてピカッチ」の「あいうえおピカッチ」はこれから着想を得たのだろうか。

 当ブログももうすぐ10年になりますので、今回は10年前の25回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 それでは7月27日の中部大会です。この予選、会場が新舞子マリンパークと発表されたのに、途中で庄内緑地公園に変わりました。高校生クイズで、発表された会場が変更になったのは、知る限り、16回の近畿が堺市のはずだったのがO-157のために3日前に万博公園に変わったのだけです。昔は第1会場自体が参加者以外には秘密だったので、過去にあったのかどうかよくわかりません。考えてみると、何年か前までは、私は第1会場を探すところからスタートしていたんですね。
 この会場変更が疑念を呼びます。決勝は愛・地球博の会場へ行くのではないかというまことしやかな説が我々の間では流れていました。この予選は今年初の平日開催なので、「スポーツうるぐす」までに帰るという縛りがありません。心おきなく山奥へ行けるわけです。後でわかったのですが、実際に万博会場で前日に準備していないか確かめた人がいたそうです。庄内緑地公園といえば、過去の高校生クイズで最も距離が長いと思われる鳥羽への移動の出発点になった会場でもあります。

――――(ここまで)――――

 発表された会場が変更されたのは過去に1回しかないと書いてありますが、この翌年に豪雨のために北陸大会の会場が前日に変更されて以来、たまに発生しています。関東大会の会場が国技館と発表されたのに、すぐにホームページから削除されたこともありました。

|

« 日本人の質問(その73) | トップページ | 25回中部大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61617040

この記事へのトラックバック一覧です: 25回中部大会(その1):

« 日本人の質問(その73) | トップページ | 25回中部大会(その2) »