« 25回中部大会(その3) | トップページ | 25回中部大会(その5) »

2015年5月23日 (土)

25回中部大会(その4)

 この前の「ハナタカ!優越館」の録画を見ました。貧乏ゆすりをすると足のむくみが解消されるというので、街頭で貧乏ゆすりをさせてふくらはぎの太さを測っていました。ここでナレーションが「合計10名と少ない数での実験でしたが」。そんなことをわざわざ言うのか。「所さんの目がテン!」なんか、大半の実験をそのくらいでやっているではないか。「3割が知ってる」ということについて、統計的に有意な1500人にアンケートしているということを毎回言っていますが、今の視聴者はそこまで情報番組に対する見る目が厳しくなっているのでしょうか。

 それでは25回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 また、追試があるのに来たというチームに鈴木アナ、完全に本気に戻って「行った方がいいんじゃないか」。地元の人と思われる老夫婦が鈴木アナの方に近づいて「去年と同じ人」と話しています。
 今年はネタが豊富な名古屋での第1問は何について出るのか。と思ったら、名古屋に一切関係ないではないか。問題文を無理やり中部ブロックに結びつけているのがかえって空虚です。明らかに鈴木松美に聞いたと思われる問題です。

 中部といえば、前回の優勝者が出たのでした。ただ、優勝チームが昨年の名古屋大会に来ていたかどうかはわかりません。「ゆとり高校生クイズ」は結局、2回とも携帯電話の予選のチームが優勝しました。現地でやる予選がクイズで選んでいないのですから当然でしょう。

――――(ここまで)――――

 23回も24回も、地区大会はクイズでなくキャラクターで選ぶような予選だったので、全国大会では結局、クイズだけで決めるネットの予選のチームが優勝しました。

 日本音響研究所は鈴木松美の息子に引き継がれて、親の方は全然見かけなくなったと思ったら、イスラム国の人質の音声は本人のものかというので親子で意見が真っ二つに分かれていました。

|

« 25回中部大会(その3) | トップページ | 25回中部大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61630723

この記事へのトラックバック一覧です: 25回中部大会(その4):

« 25回中部大会(その3) | トップページ | 25回中部大会(その5) »