« 第9回エコ甲全国大会(その31) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その33) »

2015年4月 2日 (木)

第9回エコ甲全国大会(その32)

 4月1日は、いろいろな企業がエイプリルフールの企画をやりましたが、有名なクイズ番組でもサイトで、地区大会が10カ所に減るとか沖縄は北九州になるとかいうネタを載せたらしいですね。仮にそんなことになるとしたら、県別代表制ではなくなるということになります。福井からもこの春から格段に交通が不便になった新潟に行くことになっているらしいですし。それもなぜか、北陸・新潟大会とかいう名前がついているそうです。この前まで4県で北陸大会だったのに、ネタを考えた人が番組のことをよく知らないのかな。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。野中ともよの質問は、ここに安倍本人が来たら、アベノミクスについて何を言うか。30秒で、もっとこうした方がいいということ。実は「インサイダー情報」の中身は、後で野中から質問があるということでした。
 宮崎西は、宮崎県に住む私にはトリクルダウンがなされていないと言います。札幌南は成長戦略を説明されてもよくわからないと答えます。

 審査員5人が舞台で判定の旗を上げます。札幌南が1人、宮崎西が4人。意外に全員一致になりませんでした。
 宮崎西はディベート部で、2年前に準優勝したチームの妹だそうです。出題は愛知銀行でした。16時5分に終了します。地方銀行の人たちをいちいち紹介して、次に協賛企業です。内閣府、文科省、金融庁の後援を受けています。この後、理事長の間違い。

|

« 第9回エコ甲全国大会(その31) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その33) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61374450

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲全国大会(その32):

« 第9回エコ甲全国大会(その31) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その33) »