« 16回沖縄大会(その2) | トップページ | 16回沖縄大会(その4) »

2015年4月16日 (木)

16回沖縄大会(その3)

 広島空港の事故で、天候の悪化が非常に多くて運休が相次いでいたことがクローズアップされていますが、私が過去唯一、交通機関のために高クイの予選会場にたどり着けなかったのが21回中国大会です。飛行機が広島空港に着陸できずに東京に引き返しました。私が乗った便で今回のような事故が起きていたら私は、「とりあえず中国大会の会場に行けるからよかった」と思っていたかもしれません。

 それでは16回沖縄大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 会場の残波ロイヤルビーチの入口には番組名を書いたプレートが掲げてあるだけで、他の予選のような門はありません。そもそも沖縄大会だけで番組はつくらないので、手抜きをして当然だと思いますが、遠すぎて機材を運んでこられないのでしょう。司会の台もしっかりしたものではありませんし、YESとNOの看板も他の予選で使うのと異なります。こちらで手描きしたものでしょう。すでに別の場所には「ウォーターヘッドスライディングクイズ」のセットができています。また、ビーチに入らない内陸の公園のようなところに、ナゾのスピーカーが2台置いてあります。ペーパークイズかもしれません。海の青さは航空会社のCMそのままです。空には絵で描いたような雲が浮かんでいます。しかし暑い。風がかなり強いのですが、バイクに乗って高速道路を走っているときのような状態で、全然快適ではありません。

――――(ここまで)――――

 このころはまだ、沖縄大会のゲートに、半円形の空気を入れるタイプのものが使われていなかったことがわかります。
 沖縄大会だけの番組はつくらないというのは間違いで、九州大会の番組の中に沖縄大会の模様も入れていたのとは別に、沖縄テレビは独自の番組も作っていたことがわかりました。ただし尺が足りないので、番組の30分ぐらいの1コーナーのような形でしか放送しません。

|

« 16回沖縄大会(その2) | トップページ | 16回沖縄大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61447260

この記事へのトラックバック一覧です: 16回沖縄大会(その3):

« 16回沖縄大会(その2) | トップページ | 16回沖縄大会(その4) »