« 第9回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その19) »

2015年3月17日 (火)

2014年クイズ重大ニュース(その13)

 昨日、かなり前に録画したテレビ番組を見たら、赤瀬川原平が1000円札を模した美術作品を作って自分が聖徳太子の格好をして入り込んだりするのが、通貨偽造に当たるとして刑事事件になったというのをやっていました。この直後に読んだ文章で、赤瀬川原平は千円札裁判から芸術の方向性が変わったというようなことが書いてあって、先に番組を見ていないと何のことかわからないところでした。さらに昨日は、「ドキュメント72時間」で三ノ宮駅前の待ち合わせ場所のパイ山を知った後で数年前に録画した番組を見たらパイ山での待ち合わせが前提になっている場面がありました。こういう偶然はたびたびあります。よくクイズ大会で「さっき見た本に出てた」とか言ってるのと同じですね。

 それでは紅鶴です。QUIZJAPAN全書が2冊出ましたが、赤と緑なので「ノルウェイの森」といわれているそうです。赤い方は、1995年から2008年までの、テレビに出るクイズ王がいなくなった時代のクイズの歴史をつなぐための本で、文才があってクイズ界の又吉だと言っていました。今後も表紙の色を変えてシリーズが出るそうです。

 22時を回って、質問コーナーです。クイズマジックアカデミーを使ったチャンネルなどのコンテンツをやる予定はという質問に対し編集長は「コナミが考えること」。クイズ王に、クイズの実力を上げる方法とモチベーションの保ち方という質問で、遠い目標と近めの目標の2つを立てることだということで、とりあえず3月のオープン大会へは、とにかく問題集を見て答えだけ書くという対策です。この後、第10号。

|

« 第9回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61295005

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年クイズ重大ニュース(その13):

« 第9回エコ甲全国大会(その18) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その19) »