« 2014年クイズ重大ニュース(その5) | トップページ | 2014年クイズ重大ニュース(その6) »

2015年3月 2日 (月)

第9回エコ甲全国大会(その11)

 りそな銀行がこの夏にも公的資金を返済し終わることを発表しました。エコノミクス甲子園の全国大会がりそな主導だったころは、自らの恥部である公的資金注入の問題もよく出ていました。主催者の悪い話を問題にするクイズ大会は他にはないでしょうが、最近はりそなの影がすっかり薄くなっています。りそな所属の司会者もなぜかいなくなったし。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。3問目は、「自由貿易」のように広辞苑に載っている言葉で「○○貿易」という言葉です。ネプリーグかよ。
 精思が「かくさ貿易」で14チームが摘発します。修道は「保護貿易」で摘発なし。筑紫丘は「加工貿易」で摘発なし。滝は「バーター貿易」で摘発なし。山形東と高岡が「かんごう貿易」で摘発なし。福島高専と川越が「三角貿易」で摘発なし。これでは企画の意味がありません。
 しかし勘合貿易とバーター貿易は不正解でした。広辞苑にはこういう単語は載らないんですね。山形東、高岡、滝は不正解なのに20ポイント獲得です。精思だけが0ポイントで、他はすべて20ポイントです。

 次は「地方新聞社の社長」です。藤島、諏訪清陵、鶴丸、高松、新潟明訓、昭和薬科、静岡雙葉、洛北です。昭和薬科のグループは70歳でニューヨークなどに支局を持つことを想定。高松のグループは強い地盤から流通産業への参入です。
 問題は、ジャパンベストグローバルブランド2015でトップ30に入ったものです。去年もこういう問題が出て、小保方が身に着けているブランドを答えたチームがいました。この後、全部くる。

|

« 2014年クイズ重大ニュース(その5) | トップページ | 2014年クイズ重大ニュース(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61216896

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲全国大会(その11):

« 2014年クイズ重大ニュース(その5) | トップページ | 2014年クイズ重大ニュース(その6) »