« 第9回エコ甲全国大会(その15) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その16) »

2015年3月11日 (水)

2014年クイズ重大ニュース(その10)

 前回のを書いていて思い出しましたが、エコノミクス甲子園全国大会のニコ生配信が午前中は全然できなかったらしいですね。私が現在書いたところまでは見ることができなかったわけです。私はイベントのネット配信がいまだに信用できないので、「関係者の方ですか、関係者の方ですか」と言われても必ず現場に行くようにしています。

 それでは紅鶴です。QUIZJAPANでボツになった企画は、実現した企画の倍ぐらいあるそうです。ここでTシャツの人からクイズ王へ。10回ウルトラクイズで日本に自分がありとか名乗っていて、その後泥にはまって、あれがその結果かよと思った。しかし13回で帰ってきて、15回高クイの優勝者みたいだと思ったといいます。13回のMr.マリックの敗者復活戦について、今数字を言ったら答えられるかという話に急になります。5番を答えて1番も答えます。この記憶法は「クイズは創造力」に出ていますが、クイズ王は、あの本では他に大声クイズの声の出し方の話しかしていないそうです。
 「あの、復活したときに解答席が設置される速さは、史上最大の敗者復活戦の決勝でジャンケンのセットに変わる速さに匹敵する」という話で、そういえば史上最大の敗者復活戦の準々決勝(と7回の準決勝)で出てきた金色のウルトラハットのTシャツも作らないとと急に思いつきます。

 Tシャツの人は、マリック記念館ができるときにマリックのTシャツも作ったことがあるそうです。ここでクイズ王が、当時着ていたハンドパワーTシャツを見せます。かなりボロボロになっていますが、手形のところだけはまったく破れていないそうです。この後、見分け方。

|

« 第9回エコ甲全国大会(その15) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61262854

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年クイズ重大ニュース(その10):

« 第9回エコ甲全国大会(その15) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その16) »