« 第9回エコ甲全国大会(その27) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その29) »

2015年3月28日 (土)

第9回エコ甲全国大会(その28)

 「新 お笑いラジオの時間」に、吉田豪によるダイノジ大谷のインタビューが載っていますが、わざわざ福留功男が番組に来たときの話が取り上げられています。福留はクイズ雑誌のインタビューにも応じないし写真も使わせないとなっていて、これはQUIZ JAPANの取材を断っているということでしょうか。そして全員に好かれることは不可能なので3割の人に好かれればいいということで、ウルトラクイズではわざと参加者のいやがるようなことを言っていたらしい。吉田が「いい意味で単純な人」と言っていて、なんか全体にバカにしているトーンが感じられます。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。論述の問題は、量的緩和政策の生活への影響と、これをどのように金融知力に役立てるかというものです。
 早押しボードクイズで、「NGワード」8個と「アイテム」4個を奪い合います。正解したチームが1つずつ選ぶことができます。両方正解したときは、ボタンを押した方が先に選びます。なお、ボタンを押した方が間違えた場合は、相手は正解、不正解にかかわらず選ぶことができます。
 NGワードというのは、正解すると相手に押しつけるもので、本編の論述でそのNGワードを1回言うごとに発表時間が5秒短くなります。NGワードは「市場」「景気」「供給」「インフレ」「家計」「貯蓄」「物価」「投資」です。
 アイテムは、論述の先攻後攻を決める権利、このクイズについてのインサイダー情報を知る権利、自分と相手のNGワードを交換、自分のNGワードを返す(後でまたどちらかのものになる)というものです。この後、封筒。

|

« 第9回エコ甲全国大会(その27) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61351457

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲全国大会(その28):

« 第9回エコ甲全国大会(その27) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その29) »