« 2014年クイズ重大ニュース(その8) | トップページ | 2014年クイズ重大ニュース(その9) »

2015年3月 8日 (日)

第9回エコ甲全国大会(その14)

 NHKの番組表を見ていたら、来週の金曜日は東海北陸ローカルで「東海北陸7県対抗!クイズバトル7×7」があることがわかりました。毎週この設備を使ってどこかでクイズをやっているのか? クイズバトル47をやるころには飽きるぞ。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。無人になった会場に、地銀の宣伝と代表チームのインタビューが繰り返し流れます。休憩時間に、マニュライフ生命の未来自販機を試します。缶の中身はお茶だったことが明らかになりました。「あっかる~い」と「くらーい」では味が違うという話があります。

 プレゼンテーションクイズの壁新聞を見ます。テーマは「2040年への大戦略」。どのグループも壁新聞の情報量が少ない。どういうプレゼンをしたのか今ひとつわかりません。
 Aグループは、水の生んだ郷ということで、商工会がブランドを開発するというものです。Bグループは繊維で医工連携プロジェクト。それと観光で、それぞれ未来の年表があります。Cグループは「Agri-Valley~農業で戦うマチ~」。グローバル化、持続可能性に対応。Dグループは高齢者の最期まで充実した生活のために6次産業化。Eグループは「あっかる~い未来の農業Life」。農業法人で耕作放棄地を再生します。Fグループは「目指せ海外進出!!日本の産業」。高齢者が使えなくなった農地を安く買い取って基盤固めをし、技術力向上で海外に輸出。この後、納得の結果。

|

« 2014年クイズ重大ニュース(その8) | トップページ | 2014年クイズ重大ニュース(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61247229

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲全国大会(その14):

« 2014年クイズ重大ニュース(その8) | トップページ | 2014年クイズ重大ニュース(その9) »