« 第9回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その10) »

2015年2月27日 (金)

2014年クイズ重大ニュース(その4)

 昨夜、0時を回ってからふと気づいて朝日放送をチェックしたら、「今ちゃんの『実は…』」のパズルクイズをやっているではないか。今回の相手は京都大学パズル研究会の女子で、久しぶりに番組側が負けていましたが、半分ぐらいしか見ていません。今回も、事前にはまったく放送する気配がありませんでした。改めて大阪の新聞のテレビ欄を確認すると、朝刊は何も書いていなくて、夕刊には「京大女子」という4文字が入っています。

 それでは紅鶴です。Tシャツの人はザ・ノイジーズというネットラジオをこれまで700回ぐらいやっていて、映画や漫画、アニメ、ゲームを取り上げていたがこのほど初めてクイズについてやったそうです。音声はずっと残っているのでいつでも聞けます。
 そもそも13回ウルトラクイズを見てはまって、クイズの勉強を始めたそうです。高校生クイズで勝ち残って顔が売れるとウルトラクイズでマークされて困るので高校生クイズには一切出ないと決めたらしい。これは私とは逆で、私はもともとウルトラクイズに出たかったが、高校生クイズが始まったらウルトラクイズなんかどうでもよくなりました。
 で、クイズを取り上げたところ、反響は「あそこは間違ってます」ばかり。これがクイズマニアかと思ったそうです。「ワールドクイズクラシックも知らないんですか」とDVDが送られてきて、それを見たらはまって、ラジオで語ったらまた間違いの指摘が殺到するという悪循環です。
 そんな中、リスナーとしてQUIZJAPAN編集長からメールが来て、「ウルトラクイズのTシャツが作れるならどうしますか。私ならできるかもしれないですよ」。8月に動き出して12月に発売にこぎつけました。ここで20時半になって休憩です。この後、できるやん。

|

« 第9回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61201113

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年クイズ重大ニュース(その4):

« 第9回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 第9回エコ甲全国大会(その10) »