« 24回大阪大会(その9) | トップページ | 24回大阪大会(その11) »

2015年2月10日 (火)

24回大阪大会(その10)

 昨年8月の「世界一受けたい授業」の録画を見たら、ライオンゴロシという植物が紹介されていました。地面をはうように生息していて、実が乾くと硬くてとげだらけになります。ライオンが踏むと足につきささり、これを口で取ろうとすると口に激痛が走り、獲物が食べられなくなって餓死します。一方、ライオンゴロシは噛まれることで種が落ちてその場で繁殖します。
 ライオンゴロシなどというものを、よくライオンがスポンサーの番組で取り上げられたな。さすが度量の広い会社です。わけのわからないクイズ番組のスポンサーを何十年もやっているだけあります。

 それでは24回大阪大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 バランスの決勝のセットの後ろには「JYU・NAN」という文字が並びます。一方パワーのセットで使う「POWER」の文字も見えます。同じクイズを繰り返していても常に、だんだん中身を改善させています。

 バランスの決勝が始まったのは16時25分です。だんだんあの時が近づいてきました。そう、17時になると警備員に追い出されるのです。バランスの決勝を2回やってパワーの決勝をやるので、間に合わないでしょう。私はなるべく警備員に目立たないように、バランスとパワーのセットの間の、スタッフがいるところにまぎれて立っていました。そこに、私のように各地の予選を回っている人が近づいて
来たら、関係者以外は入れないと追い出されています。すると私は関係者だと思われているのか? 確かに、この場所で働いているすべての人の中で、私より高校生クイズにくわしいのは1人か2人しかいませんが。現場を踏んでいる数が違います。

――――(ここまで)――――

 昨年の中部大会で、初めてやっているような地元のスタッフに、そんなところでメモを取っていて邪魔だというようなことを言われたのですが、こっちの方がお前の何倍、番組のことをわかってるか知らないだろ。

|

« 24回大阪大会(その9) | トップページ | 24回大阪大会(その11) »

コメント

門外漢が、正規の関係者に対して「俺の方が詳しい」とか言うのみっともないです。映画でも小説でもそういう老害は必ずいますが。

投稿: | 2015年2月10日 (火) 17時03分

こいつの文キモすぎやろ

投稿: | 2015年5月29日 (金) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61113906

この記事へのトラックバック一覧です: 24回大阪大会(その10):

« 24回大阪大会(その9) | トップページ | 24回大阪大会(その11) »