« 22回全国大会(その3) | トップページ | 22回全国大会(その5) »

2015年1月 2日 (金)

22回全国大会(その4)

 昨日「田舎に泊まろう!」を見ていて、徳之島で子どもが7人いる家に泊まった鈴木奈々が、アルバムの各ページにそれぞれの子どもの写真を張ってメッセージを書いているのですが、感動よりも誤字がないか気になって仕方ありません。除草という言葉を知らなくて聞き返しているくらいですから。

 それでは22回全国大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 夏休みをとれなかったので、最初から決勝狙いで2日間ぐらいの休みをとるしかありません。そこで行きの航空券は8月16日(金)の夜に出る便にしました。土・日なら、決勝か、うまくいけば準決勝も見られるかもしれません。そもそもどこの都市でやるかがわかるのかという問題があるのですが、そういうことを
考えていたら何もできません。すべては勝負です。ところが、ここでさらに新たな問題が発生しました。

 行きは8月16日(金)の夜に出る便をとったのですが、帰りはお盆のピークの時期で無料航空券を使えない期間にぶつかっているのです。でも無料航空券は往復で発券を受けないといけないので(片道でも往復と同じマイル数が引かれる)、とりあえず使用不能期間が終わって最初の日である20日(火)の便をとっておきました。そのときが近づいて詳しい日程がわかったら、どうするか改めて考えなければなりません。

 関東大会で、全国大会決勝の会場がメルボルンであることが発表されました。つまり決勝が行われる日にメルボルンに行って探せば決勝が見られるということです。この時点では7月からカンタスのメルボルン直行便が就航して、しかもJALの無料航空券の対象になるということは知りませんでした。最初からすべてがわかっていれば、すごく低コストで全国大会を見ることができるのですが、私の立場では目的を実現するためにいろいろ無駄が生じるのは仕方ないことです。

――――(ここまで)――――

 この年は本当に沖縄大会の会場で登録番号1番のチームに5カ国の中から抽選させてオーストラリアに決まって、そこからスタッフがロケハンを始めて、関東大会のころにメルボルンに決定しました。そこはヤラセで最初からオーストラリアに決まっていたとしても問題ないのに、変なところにスタッフのこだわりがあります。

|

« 22回全国大会(その3) | トップページ | 22回全国大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60909278

この記事へのトラックバック一覧です: 22回全国大会(その4):

« 22回全国大会(その3) | トップページ | 22回全国大会(その5) »