« 22回全国大会(その4) | トップページ | 22回全国大会(その6) »

2015年1月 3日 (土)

22回全国大会(その5)

 こういう本を書店で見つけました。

 ビニールがかかっていて中を読めなかったのですが、私には非常になつかしいあのシリーズのすべての本を網羅しているそうです。こういうのを、学研まんがひみつシリーズとか小学館入門百科シリーズでもやってほしい。

 それでは22回全国大会です。

――――(ここから)――――

 中部大会でスタッフの会話が聞こえて、全国大会は12日(月)からで、オーストラリアへ出発するのは14日(水)になったということがわかりました。この時点ですでに私は勝負をかけて、全国大会1・2日目の12・13日と決勝がありそうな17・18日にそれぞれ連休をとっています。過去のパターンからいうと全国大会は2日で大勢が決まります。下手すると、2日で決勝進出チームが決まってメルボルンで決勝だけやるということもあり得ます。それだと私がメルボルンに着いたときにはとっくに収録が終わっているということがあるかもしれません。

 さて、全国大会前日の11日、まだ何の情報もありません。私はひたすらパソコンの画面でホームページを見ます。高校生クイズ関係の掲示板に何か書き込まれないか。全国大会の情報が漏れる書き込みを、管理者が削除するまでの一瞬のスキを突いて読まなければなりません。そしたらありました。全国大会1回戦のリハーサルのアルバイトにこれから向かうという学生です。「皆さんより早くスタジオを見ることができます」。「会場」とか「セット」とか書いてあれば何の問題もないものを、スタジオと書いてあることで、場所が生田スタジオであることが完全にわかってしまいました。これでは入れません。せっかくの休みが早くも意味がなくなりました。もっとも、今年の全国大会の1回戦は生田スタジオだと予想していましたが。

――――(ここまで)――――

 このころは全国大会でスタジオを使う場合は生田スタジオでした。川崎市の山の中にあって、最寄り駅は小田急の読売ランド前です。今は麹町が使われているようですね。

|

« 22回全国大会(その4) | トップページ | 22回全国大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60913034

この記事へのトラックバック一覧です: 22回全国大会(その5):

« 22回全国大会(その4) | トップページ | 22回全国大会(その6) »