« 22回全国大会(その28) | トップページ | 24回大阪大会(その1) »

2015年1月29日 (木)

日本人の質問(その68)

 今夜の「今ちゃんの『実は…』」には、立命館大学クイズ研究会が出ていました。相変わらず、テレビ欄にも電子番組表にも載っていません。今回のパズルも古典的な問題ばかりでしたが、「あれ、それ知らなかった?」という問題で立命館が負けていました。なお、チーム紹介では、アメリカ横断ウルトラクイズのチャンピオンを「2人」輩出しているとなっていました。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

石川県鹿西町の弥生時代の遺跡から発見されたこれは、日本最古の何?
杉谷チャノバタケ遺跡というところから出土した、おにぎりの化石。葉で包んで蒸したと考えられる。稲作が盛んになって、ごはんを保存したり、よりおいしく食べようという工夫が行われた。
徒競走で記録を伸ばす、走り方のコツは?
体を垂直に立てて、ひざを高い位置から体の真下に降ろす。地面に対する垂直の線に体も脚ものっていることが理想。
運動会で流れる曲「クシコスの郵便馬車」。このタイトルの和訳の間違いは?
原題はクシコスポストという。クシコスはハンガリー語で「馬の」という意味なので、CsikosPost全体で郵便馬車という意味。19世紀末にドイツの作曲家ヘルマン・ネッケが作った。
北海道和寒町で始められた玉入れの全国大会で、かごの高さが4メートル12センチに決まったのはなぜ?
各チーム6名で、100個の玉を全部入れるまでの時間を競う。平成7年に全日本玉入れ協会が発足したとき、和寒町の最低気温のマイナス41.2度にちなんで決められた。
日本の秋の風物詩に深く関係しているこの道具は何に使う?
鉄砲ノミといって、七輪を作るときに珪藻土を掘り出すのに使う。まず筋を描き、それに沿って彫り込んでくさびを打ち込むと、壁から珪藻土のブロックがはがれる。これを削って七輪を焼く。これは切り出しという。一方、土を練ってつくるのは練り物という。

――――(ここまで)――――

 2カ所、「これは何」という問題が出てきますが、当時テレビ画面のキャプチャを取ったのに、そのファイルを開く手段が現在ありません。

|

« 22回全国大会(その28) | トップページ | 24回大阪大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/61051151

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その68):

« 22回全国大会(その28) | トップページ | 24回大阪大会(その1) »