« 22回全国大会(その9) | トップページ | 22回全国大会(その11) »

2015年1月 8日 (木)

22回全国大会(その10)

 昨年このようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 この前の日曜日の深夜に関西テレビで「推理対戦バラエティ DARE?」という番組をやっていました。簡単に言うと、2人の芸能人がついたてを挟んで質問し合って、相手が誰か当てるというだけですが、意外におもしろい。

 来週から「推理対戦DARE?」として深夜にレギュラー化されるようです。

――――(ここまで)――――

 レギュラー放送は1カ月限定で、もう終わっているのですが、正月に放送された回では、メインの対戦もそこそこに、テレビでいうところのセクシー女優3人が出て、体をいじられているのは誰かというクイズをずっとやっていました。あえぎ声を上げまくっています。近年ここまでできるのは珍しいと思うのですが、この年末年始は、クイズ・雑学番組だと思って見たらただのエロだったというのが何本かありました。最近お色気番組がないというのはたびたび言われていて、昨夜の怒り新党でもやっていましたが、業界内の景気がいいのか、結構復活していると思います。

 それでは22回全国大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 あと、実は1回戦には敗者復活があったらしい。3ラウンド終了時に残ったのが17チームで、残り3チームを敗者から選んだのです。ルールは1ポイント先取の早押しクイズだそうです(ただし最下位の状態で不正解だとその場で失格、それ以外での不正解は最下位の点数になる)。これについては、日本テレビの公式ホームページのクイズ内容紹介でも明かされていませんね。

 翌朝、7時前に起きるつもりが、目が覚めたら8時前でした。目覚まし時計が聞こえませんでした。とにかく、急いで東京駅から総武線の快速に乗ります。成田山でのクイズが何時からかはまったくわかりませんが、おそらく10時ぐらいではないかと予想しています。新勝寺に着いたら、すっかりクイズの準備が整っているものの、まだ高校生はいませんでした。予想通り、10時ごろに高校生がバスでやってきて、鈴木アナが物陰に隠れます。

――――(ここまで)――――

 1回戦のルールは、早押しを10分やって、終了時に同点最下位のチームがすべて失格になるというものです。これを繰り返して規定のチーム数以下になるまでやります。ただしトップのチームは以後のセットをやることなく勝ち抜けになります。早押しの不正解はその場で失格です。しかも途中で○×クイズをはさむことによって、最下位のラインが大きく動くという巧妙なルールになっています。それにしても、この回は、番組ホームページで全国大会のクイズが紹介されていたのかというのが驚きです。

|

« 22回全国大会(その9) | トップページ | 22回全国大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60941697

この記事へのトラックバック一覧です: 22回全国大会(その10):

« 22回全国大会(その9) | トップページ | 22回全国大会(その11) »