« 34回関東大会(その13) | トップページ | 34回関東大会(その15) »

2014年12月11日 (木)

34回関東大会(その14)

 小1が史上初めて高2レベルの数学検定に合格したニュースについて。別に小1で高2の数学ができるからといって、将来数学の優秀な研究者になれるというわけではありません。しかし頭脳王にはこんなに使える人はいません。ところで、たまたまNEWS23を見たのですが、こんな難しい問題を解いているという例題を表示したところ、東大医学部卒の膳場貴子が、私にはわかってしまうのでと申し訳なさそうに言っているのがおもしろかった。

 それでは関東大会です。埼玉の早押しの7問目の正解はリツイートで栄東の混成が正解。8問目は栄東の男子が取ります。9問目は栄東の別の男子が咸臨丸と答えて不正解。どこへ向かったという問題です。10問目は栄東の8問目の正解したチームが正解です。
 11問目、日本史で栄東の混成が不正解。12問目、漫画で栄東の男子が不正解。13問目、生活の問題で栄東の混成が不正解。なかなか決まりません。14問目、世界地理で栄東の男子が正解。群馬のストラックキャノンが終わって千葉が始まりました。
 15問目は栄東の男子が正解。16問目、「五十音であいうえおに続くのは」で栄東の別の男子が押して不正解。いくらなんでもそこまで簡単な問題は出ないだろ。「いろはにほへとに続くのは」でした。17問目で栄東がようやく決定します。

 埼玉が時間がかかり過ぎて、反対側を見ると水戸第一の男子が相似を正解して王手です。次に劉備を正解して決定しました。船橋の1球目は左の金属にはさまります。2球目はオーバーです。この後、急になくなる。

|

« 34回関東大会(その13) | トップページ | 34回関東大会(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60791745

この記事へのトラックバック一覧です: 34回関東大会(その14):

« 34回関東大会(その13) | トップページ | 34回関東大会(その15) »