« 34回関東大会(その14) | トップページ | 34回関東大会(その16) »

2014年12月12日 (金)

34回関東大会(その15)

 頭脳王で優勝した人は、TKO木本に似ていると思います。

 それでは関東大会です。千葉のストラックキャノン。渋谷幕張の混成は1球目が3点で2球目は点数の板に当たったが落ちません。渋谷幕張の男子は1球目が枠で2球目が上の金属です。船橋の混成は1球目がオーバーで2球目もオーバー。船橋の女子は1球目がオーバーで2球目が枠。渋谷幕張の男子は1球目が枠で2球目も枠。

 群馬の早押しが始まります。すべて男子で、前橋が3チーム、太田が2チーム、沼田です。桝アナの担当ですが、インタビューは一切ありません。
 1問目、サッカー日本代表の問題で沼田が不正解。2問目は世界史の基本問題で前橋が正解。3問目はパソコンの問題で沼田が正解します。4問目、日本史で前橋のさっき正解したチームが取ります。5問目「小さじは」で太田が押して不正解。「では大さじは何ミリリットル」はわかりそうなものだが。
 6問目は太田のもう一方が正解。7問目、順列組み合わせで太田のさっき間違えたチームが正解します。8問目、はやにえをする鳥はという古典的な問題で前橋が正解して決定です。

 これで残すは藤田アナの千葉の早押しだけです。船橋の男子、混成、女子と渋谷幕張の男子、男子、混成です。船橋の男子、渋谷幕張の混成、渋谷幕張の男子が2ポイントです。こちらは群馬と違ってインタビューがあります。この後、鎧武。

|

« 34回関東大会(その14) | トップページ | 34回関東大会(その16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60796490

この記事へのトラックバック一覧です: 34回関東大会(その15):

« 34回関東大会(その14) | トップページ | 34回関東大会(その16) »