« 34回関東大会(その10) | トップページ | 34回関東大会(その12) »

2014年12月 8日 (月)

34回関東大会(その11)

 先日、「タカトシ牧場」のウルトラクイズの回について書きましたが、それ以来、関西テレビでいつ放送されるかずっとチェックしています。しかし今週の放送を見たら、ついに夏休みが始まったようなことを言っていて、4カ月遅れであることがわかりました。

 それでは関東大会です。栃木のストラックキャノン。また宇都宮です。1球目が枠、2球目が3点。次も宇都宮で1球目が枠、2球目が2点。小山の女子は1球目がオーバーで2球目は上の金属です。佐野の混成は1球目が枠、2球目が1点。次のストラックキャノンは埼玉です。参加人数の多い県から桝アナがやるのと少ない県から藤田アナがやるのを交互に入れています。

 神奈川の早押し。1問目、「ふなっしーは船橋市」で横須賀の混成が押して間違えます。さすがにこれで先は読めません。2問目、気象用語で横須賀の男子が正解。3問目は国名で聖光学院が取ります。4問目、慣用句で聖光学院が正解。5問目、数学の用語で横須賀の混成がかなり早く押して正解します。
 6問目、「関ケ原は何県」で横須賀の混成が愛知県と答えます。7問目は慣用句で横須賀の男子が不正解。8問目「インドの首都はニューデリー」で横須賀の混成が押して不正解。「ではスリランカの首都は」でした。今年の高クイはこの単語が一番難しい答えになるくらいのレベルです。
 9問目、日本文学の問題ですが、これはやや難しい。昨年優勝の慶應義塾が初めて押して間違えます。ここまで答えられなくて焦っている感じがします。この後、一気に飛ぶ。

|

« 34回関東大会(その10) | トップページ | 34回関東大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60777436

この記事へのトラックバック一覧です: 34回関東大会(その11):

« 34回関東大会(その10) | トップページ | 34回関東大会(その12) »