« 第9回エコ甲渡島桧山大会(その3) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その5) »

2014年11月 5日 (水)

第9回エコ甲渡島桧山大会(その4)

 先週の「ガンミ!!」で、スタジオでガチャガチャをやっていて、「自由すぎる女神」もあるのに、出演者が誰も興味を示していないようでした。あと、ロケで千鳥が軽トラックの荷台に乗って急坂を下るとき、「リアルネプリーグや」。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。昼食時間中に筆記クイズの正解発表です。レベルは例年通り。非常に簡単な知識から高度な経済概念、生活者の心構えの問題などが出ます。9回もやっていると、毎回必ず出る問題もかなりあります。
 すると、さっきの行員が弁当を持ってきます。函館市の担当者も来ていないし、最終的に余るのは目に見えていました。行員に話しかけられて、筆記の問題がちゃんと見られません。そういえば、金融知力普及協会など地元銀行以外の関係者は1人も来ていません。道外から見に来ているのは私だけではないか。この後の北海道大会は、早押しをやって、決勝は過去の企画を何か流用するらしい。

 江差の教師がやってきます。弓道の試合に付き添っていたのを途中で抜けてきたそうです。高校生とスタッフが集合写真を撮ります。
 早押しも毎年同じルールです。11チームを4チーム、4チーム、3チームに分けます。4チームのグループは8問、3チームのグループは6問出ます。1問正解で5点。間違えると1回休み。最初に勝ち抜けたチームは5点のボーナスがあります。とここまで司会者が説明したところで、画面の説明文に、3問正解で勝ち抜けと書いていないことを発見します。この後、踊る。

|

« 第9回エコ甲渡島桧山大会(その3) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60600278

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲渡島桧山大会(その4):

« 第9回エコ甲渡島桧山大会(その3) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その5) »