« 第9回エコ甲高知大会(その3) | トップページ | 第9回エコ甲高知大会(その5) »

2014年11月19日 (水)

第9回エコ甲高知大会(その4)

 昨日のモーニングバードで告知していたところでは、テレビ朝日の年越し番組は芸人100人対文化人50人のクイズだそうです。6時間とか7時間とか見ないといけないのか。今から面倒くさい。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。早押しは立ってやりますが、勝ち抜けるとウルトラハットを脱いで座ります。
 Aグループは土佐が2チームと高知学芸です。土佐の1チームに「筆記難しかったですか」と聞くと「難しいと感じる人は勝てないですよね」。1問目、景気の悪い単語で、土佐の勝てないですよねが正解。2問目の正解は株式会社ですが、高知学芸がわざわざ難しい合名会社と答えます。3問目は消費税に関する問題ですが、土佐のさっき正解した方が問題の途中で正解します。この地区は途中で押された問題を最後まで読みません。
 4問目、株に関する問題で土佐が一気に勝ち抜け。5問目も株取引についての問題で、土佐のもう1チームが正解します。6問目は企業経営の4要素で、高知学芸が不正解。

 よく考えたら6チームしかいないので、筆記とか早押しに関係なく全チームが決勝に出られるんですね。ただし第2ラウンドまでの順位が高いほど決勝で有利になるので、無意味なわけではありません。
 Bグループは高知小津、土佐、高知追手前です。「早押しクイズの戦略とかは考えてきましたか」と聞かれて土佐は「相手より早く押したい」、高知追手前は「わかったら押す」。この後、史上初の企画。

|

« 第9回エコ甲高知大会(その3) | トップページ | 第9回エコ甲高知大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60676328

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲高知大会(その4):

« 第9回エコ甲高知大会(その3) | トップページ | 第9回エコ甲高知大会(その5) »