« 34回新潟大会(その6) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その2) »

2014年11月 2日 (日)

第9回エコ甲渡島桧山大会(その1)

 今週のナニコレ珍百景で大橋巨泉が、「自分がいくら問題を投稿しても珍百景登録されない」と言っていました。巨泉はあのVTRのことを「問題」だと思っているのか。そういわれてみれば、全体像が映るまで何だかわからないわけだし、まさにこの本の通りです。

 さて、今年も「関係者の方ですか、関係者の方ですか」と追い出されるエコノミクス甲子園の季節がやってきました。しかし今年最初の予選は、関係者でなくても追い出されない、誰でも見られる大会です。ということで行かねばなりません。その会場は函館です。函館? なぜそんな都市で予選ができるんだ。
 実は今年から、北海道だけ地区を5つに分けて、そこで勝ったチームが改めて北海道大会をやって、勝った1チームが北海道代表になります。これにより、北海道の信金・信組が大量に主催者に加わっています。一見、北海道の人は大幅に出やすくなったようですが、北海道だけ予選に2回来て勝たないと代表になれないのです。札幌での「北海道大会」には交通費が出るのか、今のところ発表されていません。私は北海道の5地区の代表がそれぞれ全国大会に出ても問題ないと思いますが。そんなことより岩手とか熊本とかの予選をなんとかしてほしいが。

 ルールは他の地区大会と同じで、決勝の上位2チームぐらいが北海道大会に出られるのではないかと思っています。北海道大会は埼玉クイズ王決定戦方式でしょうか。会場は函館駅の近くの、函館商工信用組合です。受付で、特にマスコミとかそういった方ではないですねと聞かれます。それは微妙なところです。この後、混成をいじる。

|

« 34回新潟大会(その6) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その2) »

コメント

http://www.hokkaidobank.co.jp/common/dat/2014/0924/1411535950443683782.pdf

これによると札幌までの交通費は出るみたいです。

投稿: | 2014年11月 2日 (日) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60581382

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲渡島桧山大会(その1):

« 34回新潟大会(その6) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その2) »