« 第9回エコ甲渡島桧山大会(その11) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その13) »

2014年11月13日 (木)

第9回エコ甲渡島桧山大会(その12)

 本日の「ワイド!スクランブル」の井筒和幸のコーナーで、今治のタオルを取材していましたが、2000年ごろに安い海外製品が大量に入ってきたときに、政府にセーフガード発動を陳情したそうです。セーフガードという言葉が普通に出てきました。エコ甲では司会がホニャララガードで野球とか言っても誰も知りませんでしたが、注意深く見ていると生活に出てくる言葉なんですね。前も書きましたが、感想戦という言葉を史上最強のクイズ王のカプセルクイズで初めて知ったら、その後、新聞にいくらでも感想戦と書いてあるのが目に入るようになりました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の7問目、数字を答える問題です。第1ヒント、これって筆記で同じ問題が出てなかったか? 昼食時に筆記の解答を見ていれば答えられます。遺愛女子と函館商の3位と江差の6位が答えます。第2ヒント、クーリングオフが可能な日数です。江差の5位と七飯が書きます。第3ヒント、現在の消費税です。結局、消費税は今日だけで4回も出題されました。
 正解したのは函館商の2位と江差の5位だけです。江差の6位は0.8、遺愛女子は18と書いていました。これで終了です。司会が「集計に時間がかかりますか。もう出てる? ちょっと引っぱりますか」。

 遺愛女子が7点、2位の函館商が5点、3位の函館商が3点、七飯が4点、5位の江差が4点、6位の江差が2点。したがって、決勝進出の1位と2位だった遺愛女子と函館商が北海道大会進出というつまらない結果です。5位の江差は「係数」が書けていれば勝利でした。この後、踊る。

|

« 第9回エコ甲渡島桧山大会(その11) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60642554

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回エコ甲渡島桧山大会(その12):

« 第9回エコ甲渡島桧山大会(その11) | トップページ | 第9回エコ甲渡島桧山大会(その13) »