« 第9回エコ甲高知大会(その12) | トップページ | 34回関東大会(その2) »

2014年11月28日 (金)

34回関東大会(その1)

 「頭脳王」の事前番組2本が、読売テレビで両方とも放送される(日時は日本テレビと異なる)ことに驚きました。予選が東京と京都だけということで、特別なものがあるのか。高校生クイズの事前番組はちゃんと放送されないのに。

 さて、今年の高クイの予選もいよいよ最後になって、7月29日は北東北大会と関東大会があります。32回以降、関東と同じ日に別の予選があるのが普通になりました。それだけ関東に人員を割かなくてもいい規模になったということでしょうか。
 ところで、関東大会を前に、不穏な情報が入ってきました。藤田アナが関東大会を手伝うと言っていたのを聞いたというのです。これで考えられるのは、決勝のストラックキャノンの司会を藤田アナがやって、早押しの司会を桝アナがやって、ストラックキャノンが終わったところからどんどん早押しに回して、同時に行うのではないかということです。そもそも今年の関東大会はクイズ開始が13時半となっています。今年は山梨が戻ってきて8都県あるのに開始時刻が全地区で最も遅い。わずか3県の中部大会の決勝に2時間以上かかっているのに、これでは何時に終わるかわかりません。時間を決定的に短縮するには同時並行しか考えられません。これでは全部のクイズを見ることができません。

 潮風公園に着いてみたところ、早押しのセットが左右2カ所に離れて設置してあって、その真ん中にストラックキャノンのセットがあります。もしかして2カ所ではなく3カ所で同時並行でやるのか。この後、お台場新大陸。

|

« 第9回エコ甲高知大会(その12) | トップページ | 34回関東大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60724454

この記事へのトラックバック一覧です: 34回関東大会(その1):

« 第9回エコ甲高知大会(その12) | トップページ | 34回関東大会(その2) »