« 34回広島山口大会(その4) | トップページ | 34回広島山口大会(その6) »

2014年10月 4日 (土)

34回広島山口大会(その5)

 今夜のNHKの「きわめびと」は、記憶力の達人の特集でした。基本的にはみんな映像に変換して覚えているだけで、特に新しいところはありませんでした。円周率記憶の世界記録に挑戦して失敗していましたが、あれって仮に成功していたらものすごい収録時間がかかることがわかりました。そんなことより、大阪勤務になっておそらく初めてゴールデンの全国放送に一柳アナウンサーが出る日にFRYDAYで夫の不倫が報道されて、視聴率に貢献したでしょうか。

 それでは広島山口大会です。山口のグランドキャノン。この地区でのルールは、1チーム2球で1位が2ポイント、2位が1ポイントです。
 徳山の女子は2年の弓道部。1球目が1点で2球目が3点です。両方狙い通りです。次は徳山の混成。男子が1年生、女子が2年生です。女子の方が別の人の代わりで呼ばれたそうです。1球目はさっきの1点と3点の間です。2球目で3点取ります。
 野田学園はクイズ同好会。1球目が1点、2球目が3点。さっきの徳山の女子と同じところに当たります。山口は中学の同級生だそうです。1球目が5点。どのチームも、狙ったところに当てます。なぜこの地区だけこんなにうまい。2球目は枠です。
 下松の女子は放送部です。1球目が1点、2球目が枠。宇部は3年です。1球目、20点です。宣言通り撃ち抜きます。この地区はいったいどうした。2球目は15点を狙います。1点に当たりますが落ちないでアウト。

 広島のグランドキャノン。広大福山の1年生は中学からの親友です。20点を狙って外れます。ここで隣のプールから、湘南乃風の正解したときにタオルを振る曲が流れてきます。この後、パターンが同じ。

|

« 34回広島山口大会(その4) | トップページ | 34回広島山口大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60417399

この記事へのトラックバック一覧です: 34回広島山口大会(その5):

« 34回広島山口大会(その4) | トップページ | 34回広島山口大会(その6) »