« 34回岡山四国大会(その1) | トップページ | 34回岡山四国大会(その3) »

2014年10月 8日 (水)

34回岡山四国大会(その2)

 「スッキリ!!」で、アナウンサーが出した曲が年内5000枚の売り上げを目標にしていて、現在1125枚だというのを発表していました。青木アナや藤田アナがいろいろなイベントに便乗して宣伝しているらしいですが、青木アナは、自分たちが来るということでは客は呼べないと言っていました。青木アナや藤田アナが来てクイズをやるのなら私は行きますけどね。

 それでは四国です。玉転がしはコーンが結構遠くて、しかも高くなった場所にあります。2周で60秒です。48秒で成功します。こんなに時間を余らせたことに安藤「珍しい芸人さんのガチを見ました」。
 1問目を出します。安藤「私のレディゴーの合図があるまで動かない」。COWCOW「ありのーじゃなくてね」。

 四万十市の合併についての問題です。ちゃんとご当地問題が出ます。これはいい問題です。不正解の方が少し多い。すると敗者側が、何を要求するとも言わずにイケメンコールです。安藤アナがディレクターと交渉するふりをします。敗者復活をやることになります。

 2問目、陸上競技の世界記録に関する問題です。初期の高クイで出そうな感じですが、落ち着いて計算すれば確実に正解できます。圧倒的に正解が多い。3問目、日本の面積に関する問題です。日本地理が2問出ます。正解の方が多い。最終的に勝ったのは30チーム強ぐらいです。

 敗者復活戦の1問目。ハーバード大学の問題です。問題文に「君たちが目指すアメリカの名門」とあります。アメリカに関する問題には何でも「君たちが目指す」とつくのは初期の高クイを思わせます。正解者にタオルを回させません。時間短縮でしょうか。この後、大人のネタ。

|

« 34回岡山四国大会(その1) | トップページ | 34回岡山四国大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60443264

この記事へのトラックバック一覧です: 34回岡山四国大会(その2):

« 34回岡山四国大会(その1) | トップページ | 34回岡山四国大会(その3) »