« 34回中部大会(その7) | トップページ | 34回中部大会(その9) »

2014年10月24日 (金)

34回中部大会(その8)

 こういう記事がありました。

――――(ここから)――――

パズルカフェ:コーヒー片手に数独…ニコリが台東・蔵前に
毎日新聞 2014年10月18日 10時14分(最終更新 10月18日 12時15分)

 飲み物を片手に、数独などを楽しむパズルカフェが18日、東京都台東区蔵前のパズル制作会社「ニコリ」(鍜治真起社長)に開設された。パズルを楽しむ常設の施設は国内で初めてといい、地域の住民らが思い思いのパズルを楽しんだ。
(中略)
 会場にはニコリ製のパズルに加え、日本パズル協会の協力を得て、ルービックキューブや知恵の輪などを用意。パズルの解き方講座、早解き競争も楽しむことができる。
 正式オープンは11月1日。この日は蔵前を含む台東区南部で開催中のモノづくりを体験できるイベント「モノマチ」に合わせ、19日(午前11時〜午後5時)まで暫定開業した。

――――(ここまで)――――

 ついにこういうのができたんですね。クイズでこういうことをやろうとしている人もいるようですけど。

 それでは中部大会です。愛知の早押しは旭丘の男子が一気に逆転です。すると5問目で、女子にしか関係ないファッションの問題が出ます。ところがこれも旭丘の男子が正解。スタッフの思惑が外れて王手です。
 6問目、世界地理で名大附属の女子が正解。2ポイントになります。7問目、「フランス語で小さい箱」で、旭丘の混成が押しますが不正解。実はまたしても女子向けの化粧の問題だったのですが、自らつぶした形になりました。2回休みです。
 8問目、料理の問題です。そんなに旭丘の男子に勝たせたくないか。しかし海陽学園が押して答えられません。9問目は世界地理で、名大附属の女子が正解します。結局、女子向けの問題でなければ女子が正解するのです。10問目、慣用句で旭丘の男子が正解して決定です。

 岐阜の早押しです。ここは5点取った岐阜の混成と男子が2ポイントずつで、3点だった岐阜の男子が1ポイントです。岐阜はもう一つ混成がいます。あとは岐阜東の男子と岐阜北の混成です。
 1問目、剛力彩芽の映画です。ここも芸能スタートで、岐阜北が正解。この後、接戦。

|

« 34回中部大会(その7) | トップページ | 34回中部大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60534287

この記事へのトラックバック一覧です: 34回中部大会(その8):

« 34回中部大会(その7) | トップページ | 34回中部大会(その9) »