« 34回南東北大会(その10) | トップページ | 34回関東の番組(その2) »

2014年9月26日 (金)

34回関東の番組(その1)

 今年の高校生クイズ関東大会の1問目は、ニュージーランドは漢字1文字では新と書くという問題でした。私は以前、「クイズ日本人の質問」の問題として次のようなことを書いています。

――――(ここから)――――

米はアメリカ、英はイギリス。ではニュージーランドはどう書く?
適当な漢字の略称がないので、数年前にニュージーランドの日本大使館が募集した。そのとき1600通の応募があって、1位だったのが乳。しかし正式決定はしていない。

――――(ここまで)――――

 クイズマニアがここを読んでいて引っかかることを狙った問題だったのではないかと、ずっと気になっています。

 ということで、今回は関東大会の番組について書きます。今の高校生は知らないでしょうが、比較的最近まで、関東大会の番組では関東大会の模様が放送されていませんでした。高校生クイズ関東大会を単なる舞台として使った、全然関係ないバラエティ番組だった時代が長く続きました。読売テレビが「もってる!?モテるくん」の企画を高校生クイズの会場でやるようなのを、日本テレビは高校生クイズ本編でやっていたのです。これは、初めて関東大会という枠ができた7回で、熱中症事件のためすぐに収録中止になったことに原因があるかもしれません。この回はそもそも関東大会自体を放送できなかったのです。関東大会自体で放送されるのは第1問ぐらいで、あとは全国放送の宣伝だったりします。
 最もすごかったのは20回で、関東大会の枠で放送されたのは、高校生クイズと関係ない、ヤンキー先生(今は自民党の国会議員になってる人)のドキュメンタリーでした。最後の数分で、この学校の生徒が高校生クイズ北海道大会に出てすぐ負けるところが放送されます。この番組を見て、高校生クイズの全国放送を見ようと思う視聴者がどこにいるんだ。うわさでは、問題を作る会社の人がもともとドキュメンタリー志望で、自分がやってみたかっただけという説があります。
 一方、15回だったかの再放送で、「ディレクターズカット版」というのが放送されたことがあります。これは一部をカットして、代わりに関東大会のYES-NOクイズの途中の問題や決勝の模様を入れるというものです。関東大会のマスターテープを1年後にも残していたことに驚きました。

 さて、今回の関東大会の番組ですが、やはり全国放送の宣伝からスタートします。そして路線変更前に作ったCGを使って、地区大会の17都市が示されます。ももクロの映像とともにスタッフロールが出ます。この後、微妙に現実と違う。

|

« 34回南東北大会(その10) | トップページ | 34回関東の番組(その2) »

コメント

ニュージーランドを漢字一文字で乳と表すというのは以前(恐らく今年に入ってから)『世界・ふしぎ発見!』でもやっていたかと思います。

あと、関東大会のディレクターズカット版再放送は第18回ですね。

投稿: ktb | 2014年9月26日 (金) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60375635

この記事へのトラックバック一覧です: 34回関東の番組(その1):

« 34回南東北大会(その10) | トップページ | 34回関東の番組(その2) »