« 不安がよぎる事前番組(その1) | トップページ | 不安がよぎる事前番組(その3) »

2014年9月 7日 (日)

不安がよぎる事前番組(その2)

 金曜日の「ごきんげんよう」は馬場典子と小島慶子でした。辞めるときにいろいろあるような元女子アナどうしです。馬場が、桝アナウンサーは飲み会の後に自分の後輩だけ集めて反省会をするという話をしていました。わざわざ他局の人を話題に出すのか。ここまで大物扱いになるとやりにくいでしょうね。高校生クイズの予選にも全然来なくなるわけですし。

 それでは先出しSPです。ドラマ以外でオープニングでスタッフロールを見たのは生まれて初めてと書きましたが、よく考えたら「霊感ヤマカン第六感」などはオープニングでスタッフ名が出ていました。14時30分に「ここからは」で始まります。全国大会に過去最多の60校が集結と言います。27回のスーパーオリラジチャンスを考えると、東京へ来るチーム数はこちらの方が多いですけどね。あと、全国大会に来る人数でいえば、前年より大幅に減っています。

 桝アナが全国大会の開幕の言葉を述べて、これはやはり全国放送でこの辺がカットされるのかという懸念が高まります。そして1回戦を前に、次の会場がハワイであることが発表されます。ここまでアメリカのルートは明かされていなかったんですね。そしてウルトラクイズの「楽しい○○行き」をそのまま真似しています。

 1回戦のルールは、全体早押しで正解すると通過席で、阻止チームの組み合わせはランダム(ということになっている)に選ばれます。問題文の末尾が「でしょう」で、桝アナが読みません。最初に東大寺学園が正解します。この2人は全国模試1位と偏差値100オーバーだそうです。ツイッターでは「高校生クイズ」と並んで「偏差値100」がトレンドになっていました。偏差値100になるには、自分ができるだけでなく他の人がみんなできないことが必要ですね。それにしても、問題自体は一昨年のような難度ではないものの、演出は完全に一昨年を取り入れています。この後、一昨年の否定もある。

|

« 不安がよぎる事前番組(その1) | トップページ | 不安がよぎる事前番組(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60273244

この記事へのトラックバック一覧です: 不安がよぎる事前番組(その2):

« 不安がよぎる事前番組(その1) | トップページ | 不安がよぎる事前番組(その3) »