« 34回近畿大会(その11) | トップページ | 34回近畿大会(その13) »

2014年8月30日 (土)

34回近畿大会(その12)

 最近、ウィキペディアのウルトラクイズ関連の項目を見て気づきましたが、12回は東京ドームで敗者復活戦がなかったと書いてあって、福留が「いつまでもあると思うな、親と敗者復活」と言って会場が騒然となったとなっています。実際は、復活の条件に該当する敗者がいないことがスタッフには事前に調べることが可能な「敗者復活戦」をやって、「復活者はいませんでした」とやったら参加者の不満が爆発して、プロデューサーが出てきて謝って、この部分がすべて放送でカットされたのです。そして「いつまでもあると思うな、親と敗者復活」は、ウルトラクイズの本の筆者が創作した完全な虚偽です。ウィキペディアでは、敗者復活戦があったという事実を書くと「見たと言っているだけ」として削除されるのに、「いつまでもあると思うな、親と敗者復活」は虚偽なのに出版された本に載っているということだけで真実の証拠と認定されるのです。

 それでは近畿大会です。兵庫の早押しの1問目、「今年日本で公開された映画」で灘が押しますが不正解。「アナと雪の女王」の英語名でした。2問目「古代イスラエル王国」で灘の別のチームが押して「ダビデ」と答えて不正解。「3代目の王は誰」という問題です。おかしい。問題が難しすぎる。完全に2年前に戻っているではないか。
 3問目の答えはエンタシスで、灘の1問目を間違えたチームが正解です。露骨に難問クイズの頻出問題。4問目、「蒸気機関車のSLは何の略」で同じチームが正解。王手です。5問目、イギリスの軍人の名前がもとになっている風の強さの基準で、灘の2問目に間違えたチームが正解。最初から灘が答えることしか想定していない問題が続きます。

 6問目「11の2乗は」で今正解したチームが押して答えられません。これは予想できそうなものだが。正解は12321です。7問目、「『或る男』を書いたのは」で王手が押します。有島武郎と答えて決定。「では『或る女』を書いたのは」でした。

 次は奈良です。東大寺学園が3チーム。西大和の混成、西大和の女子、そして聖心学園の女子です。奈良の聖心学園という学校名は初めて聞きました。この後、意外にできない。

|

« 34回近畿大会(その11) | トップページ | 34回近畿大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60229895

この記事へのトラックバック一覧です: 34回近畿大会(その12):

« 34回近畿大会(その11) | トップページ | 34回近畿大会(その13) »