« 34回近畿大会(その3) | トップページ | 34回近畿大会(その5) »

2014年8月22日 (金)

34回近畿大会(その4)

 今さらながら、BS日テレで「木曜スペシャル」をやっているのに気づきました。かつて日本テレビで放送されていたのと同じロゴです。ナビゲーターが福澤朗です。しかし今夜の内容は、東京の地下についてで、シルシルミシルさんデーとかNHKのBSで見た関係先の取材そのままです。制作費がかかっていないんだろうなと思います。かつての木曜スペシャルとは全然違います。週によってはただの映画だったりするんですね。

 それでは近畿大会です。スタッフが、和歌山の敗者は残るように言っています。2問目、パンダについてですが、これはいい問題です。しかしまたしても、2つの量を比較する問題です。不正解の方が多い。
 3問目は滋賀県についての問題です。これも発想はおもしろい。南九州の沖縄県の問題と同様、考えたこともありませんでした。しかし結局これも、2つの量を比較する問題です。近畿の○×はすべて比較問題です。ほとんどが正解で、間違えたのは3チームしかいません。勝者は50チームぐらいでしょうか。

 Z会のブースでは、今年の超難問コロシアムの天才問題集がもらえることがわかりました。11時半から敗者復活戦です。この地区のセットには動画モニターがないので、「続行」「終了」を表示できません。そのため、青と赤のパトランプがついた台が出てきて、続行なら青、終了なら赤がつきます。ももクロのメッセージと同様、ちゃんとしたセットの予選の方がトラックよりしょぼくなっています。このパトランプは北海道でも使われたそうです。また沖縄でも用意されていたものの、敗者復活戦が最初から1問になったので出てきませんでした。この後、また露骨な出題。

|

« 34回近畿大会(その3) | トップページ | 34回近畿大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60188524

この記事へのトラックバック一覧です: 34回近畿大会(その4):

« 34回近畿大会(その3) | トップページ | 34回近畿大会(その5) »