« 34回長野大会(その5) | トップページ | 34回長野大会(その7) »

2014年8月 6日 (水)

34回長野大会(その6)

 「クイズ30」が9月で終了するという報道が出ています。この前の回を見たら、答えられないとメンバーを水に落とす設備が導入されていて、完全に「クイズ!ヘキサゴン」でした。5秒前からカウントダウンして2秒で落とすとか、紳助の演出そのものです。当初からヘキサゴンになろうとしているのは感じていましたが、これは末期的状況と思ったところでした。

 それでは長野大会です。松本深志の3チーム目。1球目は枠で、2球目は勢いが弱くて届きません。次は野沢北の混成です。クイズ研は去年できたそうです。練習で3点を抜きます。しかし本番は1球目も2球目も一番上に当たります。屋代は女子で軽音部。1球目はオーバーで、2球目も大きくオーバーします。
 結果、静岡大会と同じ、1チームが1点て他はすべて0点という結果になりました。しかし今回のルールは、「1位と2位のチームに早押しで1ポイント」です。2位は0点の5チームですから、結局、全チームに1ポイントずつ入ることになります。ストラックキャノンは企画倒れになってないか。

 早押しです。この地区も解答権表示はパトランプです。松本深志のフットサルのチームが、フットサルは早押しのためと言います。1問目、長野県出身の歴史上の人物で野沢北が正解。2問目、「主人公ルシウス」で松本深志のフットサルがテルマエロマエを正解します。3問目、童謡の問題で屋代が押して不正解。
 4問目、「人類で初めての月面着陸に」で松本深志の別のチームが押して「アームストロング船長」。アポロ何号でした。5問目、「701年、刑部親王らが」で松本深志のさらにもう1チームが正解。6問目「アンプはアンプリファイアー」で松本深志のさっき間違えたチームが押して、また答えられません。マイクは何の略でした。この後、不正解連発。

|

« 34回長野大会(その5) | トップページ | 34回長野大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60105328

この記事へのトラックバック一覧です: 34回長野大会(その6):

« 34回長野大会(その5) | トップページ | 34回長野大会(その7) »