« 34回南九州大会(その6) | トップページ | 34回南九州大会(その8) »

2014年8月15日 (金)

34回南九州大会(その7)

 なかなか売っていない「QUIZ JAPAN」ですが、東大の生協書籍部に行ったら山のように積んでありました。
 この中で、29回高クイで優勝した人が、東大寺学園のクイズ研は6回の優勝メンバーが作ったと聞いていると発言していますが、これは事実と異なります。東大寺学園のクイズ研は7回の準優勝メンバーが8回を前に作ったものです(8回の事前番組でも紹介されている)。このときの安良という人は、高クイに出た後、京大医学部に入ってクイズ番組に出まくるという、今なら確実にQUIZ JAPANに載っているはずです。

 それでは南九州大会です。甲南の混成、2球目は1点です。鳳凰の女子は1球目が1点で、2球目が同じところを通り抜けます。ラ・サールの昨年代表は、1球目が枠で2球目は上のフレームです。

 熊本のストラックキャノン。熊本の男子は1球目が枠で2球目は2点です。次の熊本の男子、1球目が3点。太鼓の達人で鍛えた成果とか言います。そして2球目が20点。なんとまたも20点が出るとは。
 熊本の女子は、1球目が1と3の間で、2球目は3点です。第一の女子は、去年は高校生パフォーマーでマジックをやったそうです。1球目が1と3の間で、2球目が1点。熊本の男子は2年生。1球目が枠で2球目も枠です。熊本の混成は1年生。1球目が上のフレームで、2球目も枠です。

 宮崎の早押しです。この地区では、誤答は2回休みになりました。宮崎第一の男子が2ポイント、宮崎西の1チームが1ポイントです。1問目、九州の自治体に関する簡単な問題で宮崎第一の混成が正解。2問目、アメリカ大統領の問題で宮崎大宮が取ります。3問目は漢字で宮崎大宮が連取。4問目、魚についての問題で宮崎第一の男子が正解します。
 5問目は漫画の問題で、正解はテニスです。テニス部の宮崎大宮が正解します。6問目、パソコンの問題で、宮崎大宮が早くも王手。この後、初めて叫ぶ。

|

« 34回南九州大会(その6) | トップページ | 34回南九州大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60156382

この記事へのトラックバック一覧です: 34回南九州大会(その7):

« 34回南九州大会(その6) | トップページ | 34回南九州大会(その8) »