« 34回長野大会(その4) | トップページ | 34回長野大会(その6) »

2014年8月 5日 (火)

34回長野大会(その5)

 本日の関西テレビ「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」で、出会った女性に夫と知り合ったきっかけを聞いたところ、大学の同級生の中学時代の友人だったといいます。それが同級生の部屋で彼女の写真を見て、いきなり電話をかけてきたというのです。当然気持ち悪くて断るところ、話しているうちに「アメリカ横断ウルトラクイズに出る」という話になって、一緒に出場することになったというのです。ウルトラクイズってナンパに有効なアイテムだったのか。ちなみにあと1、2問で第1次予選通過というところまで残ったらしい。

 それでは長野大会です。謎解きクロスワードが始まって6分で松本深志のクイズ研が来ます。正解です。その瞬間に松本深志のクイズ研が2チーム来ます。2チーム目が正解。この間に来た野沢北のクイズ研の混成を先に答えさせます。正解です。その間に男子は10チームぐらい列ができます。しかし松本深志のクイズ研が正解で男子は終了です。
 ここで女子の屋代が来ます。正解です。続いて混成の松本秀峰が来て正解。ここで一気に女子の列ができますが、もう終わっています。敗者とライセンスのハイタッチはありました。

 決勝です。ストラックキャノンが1チーム2球に戻りました。そして1位も2位も早押しが1ポイントになります。予選ごとに細かくどこか変えてきます。
 松本深志の1チーム目。フットサルをやっているそうですが、1球目は思い切り下になります。2球目は逆に上のバーです。
 松本深志の2チーム目。この地区は1球練習できるのですが、そのボールが上の金属部分に入り込みます。1球目が1点で、2球目は枠です。
 次は松本秀峰の混成です。オーケストラ部で、女子がバイオリンで男子がチェロです。練習で1点を抜きます。しかし本番は1球目が枠で2球目はオーバー。もったいない。この後、もっともったいない。

|

« 34回長野大会(その4) | トップページ | 34回長野大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60100187

この記事へのトラックバック一覧です: 34回長野大会(その5):

« 34回長野大会(その4) | トップページ | 34回長野大会(その6) »