« 34回近畿大会(その2) | トップページ | 34回近畿大会(その4) »

2014年8月21日 (木)

34回近畿大会(その3)

 今朝、フジテレビでは広島土砂災害の報道特番になっていましたが、改めて野島アナの発音発声を聞くと、日テレの藤田アナに非常に似ています。一瞬「スッキリ!」とチャンネルを間違えたのかと思ってしまいました。

 それでは近畿大会です。問題数を減らせという藤崎マーケットに対し上重「私、好きな言葉は好感度なんですよ。減らしましょう。7問」藤崎マーケット「大阪は値切ってナンボ」上重「ここで近畿の皆さんの心をつかめば、好きなアナウンサーランキングで2位か1位になる」。ここまでが茶番です。
 巨大なコーンが高校生の一番後ろのところにあります。2周で60秒です。2人ともわざと時間をロスしますが、59秒50でクリアします。ここで藤崎マーケットが急に「吉本興業が給料少ないというのはほんまやからね」。

 ももクロのメッセージが音声だけ流れます。藤崎マーケットも○×クイズに答えますが、「僕たちもニューヨークに行けますか」上重「行けるかもしれません。スケジュールは空いてますか。空いてますね」。

 1問目、スポーツに関する問題ですが、なぜその記録とその記録を比べる。近畿ぐらいの参加人数だと、こういう勘で答えるような問題で減らすか。正解の方が少し多い。藤崎マーケットは間違えます。上重「藤崎マーケットのお二人ともお別れです。ギャラも3分の1で」「ただでさえ吉本興業のギャラは少ないのに」。そして敗者全員を土下座させて敗者復活を要求します。この後、またそのパターン。

|

« 34回近畿大会(その2) | トップページ | 34回近畿大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60183382

この記事へのトラックバック一覧です: 34回近畿大会(その3):

« 34回近畿大会(その2) | トップページ | 34回近畿大会(その4) »