« 34回長野大会(その2) | トップページ | 34回長野大会(その4) »

2014年8月 3日 (日)

34回長野大会(その3)

 先週の「伝えてピカッチ」で、答えを思いついた博多華丸が「ピカッチ、チャンス」。するとあのアタック音がちゃんと流れます。あの音源ってあるんですね。あのコーナーと同じロゴまで画面に出ます。ここまでやるのは制作者がクイズマニアだからか。

 それでは長野大会です。○×クイズの2問目、なめこの問題です。ほとんどが一方に行きます。反対の答えが2チームしかいません。ところが正解が2チームの方です。○×が3問だったら沖縄みたいになっていたところでした。

 敗者復活戦です。1問目、ノーベル賞に関する問題です。圧倒的に1つの答えが多い。しかしそれが不正解です。これはいい問題です。勝ったのは10チームぐらいでしょうか。当然続行です。
 2問目、ニュートンについての問題で、1チーム以外すべて同じ答えです。今度は多い方が正解。すると続行判定をせずに、無条件で1チームが敗者になりました。

 次は抽選会です。なぜかライセンスのライブがありません。地区大会に芸人が来るようになって以来、芸を見せなかったという例は初めてです。そういえば私はライセンスが漫才とかコントをするのをテレビでも見たことがありません。
 キレイキレイセットが3チーム。最初に当たったチームが男女混成で、ライセンスが長々とインタビューします。アクシデントでもともとのメンバーが出られなくなったそうです。2チーム目は長野です。参加しているではないか。「文化祭つまんないんで来た」。この後、一般人に配る。

|

« 34回長野大会(その2) | トップページ | 34回長野大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60086616

この記事へのトラックバック一覧です: 34回長野大会(その3):

« 34回長野大会(その2) | トップページ | 34回長野大会(その4) »