« 34回南九州大会(その5) | トップページ | 34回南九州大会(その7) »

2014年8月14日 (木)

34回南九州大会(その6)

 こういう本が出ていますが、ZIP!などの番組のことは出てくるものの、高校生クイズの話は出てきません。やはり思い入れがないのだろうか。

 それでは南九州大会です。謎解きクロスワードの答えはそれぞれの地区に関係あるのかと思ったら、ここはなんでその単語なのかわかりません。これでは全部解けていない段階で勝負をかけるのは難しそうです。

 この地区のストラックキャノンは、20点があるバージョンです。1位が2ポイント、2位が1ポイント。まずは宮崎です。1年生が4チームと3年生が2チーム。宮崎西は1球目が1点で、2球目は枠です。昨年代表の宮崎大宮は、1球目はさっきと同じところで、2球目は1点です。また宮崎西です。1球目が2点で、2球目は5点の上。宮崎第一の男子は1点と3点。2球とも点を取るのは珍しい。本庄は1球目が1点で、2球目は下の金属です。宮崎第一の混成は、1球目が1点で2球目は上の金属。この県は全チームが点を取りました。

 次は鹿児島です。全チームが3年生。ラ・サールの1チーム目。1球目は上の金属に当たって、2球目は枠に当たった勢いで関係ないところの3点パネルが落ちますが、もちろん0点です。ラ・サールの2チーム目は1点と3点。ラ鳳凰の1チーム目は1球目が1点で2球目が枠。甲南の混成はクイズ研です。女子が20点を当てます。藤田アナが「今年の全国の高校生クイズを見ても、20ポイント射抜いたのは見たことありません」。実際は鳥取島根大会で20点が出ています。この後、また出る。

|

« 34回南九州大会(その5) | トップページ | 34回南九州大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60148095

この記事へのトラックバック一覧です: 34回南九州大会(その6):

« 34回南九州大会(その5) | トップページ | 34回南九州大会(その7) »